医学部

メニュー

耳鼻咽喉科学講座(大橋)

所属教員名

吉川 衛   / 教 授
穐山 直太郎 / 講 師
山口 宗太  / 助 教
菱村 祐介  / 助 教
坂口 雄介  / 助 教

運営責任者

講座の概要

東邦大学医学部耳鼻咽喉科学講座は、第7代主任教授の名越好古先生の後任の岡田諄先生が急逝された後、小松崎篤教授の耳鼻咽喉科学第1講座(大森病院)と、臼井信郎教授の耳鼻咽喉科学第2講座(大橋病院)に分かれました。
私どもの耳鼻咽喉科学第2講座においては、2002年より大越俊夫先生が講座運営を引き継ぎ、2014年からは吉川衛が主任教授として講座運営を行っております。なお、耳鼻咽喉科学第2講座は、2012年に行われた東邦大学の機構改革に伴い、耳鼻咽喉科学講座(大橋)と名称が変更されております。現在、東邦大学医学部のほぼすべての診療科において、大森病院、大橋病院、佐倉病院にそれぞれ独立した講座を有しております。耳鼻咽喉科においても、各病院に大学院教授を兼務した講座担当教授がおり、お互いに切磋琢磨しながら耳鼻咽喉科学講座全体の発展を目指しております。
その中でも耳鼻咽喉科学講座(大橋)は、渋谷に隣接する好立地にあることから、医局員は広く全国から集まってきており、出身大学も北は北海道から南は九州まで多岐にわたることが特徴の一つです。また、専門研修プログラムの連携施設である、国立成育医療研究センター、がん研究会有明病院、国立国際医療研究センター、東京慈恵会医科大学付属病院などはすべて30分圏内にあり、専門施設の多い都心で充実した卒後教育を受ける機会にも恵まれております。

研究の概要

慢性副鼻腔炎の予後解析
治癒寛解が困難な病態をもつ慢性副鼻腔炎患者の多くには鼻腔ポリープ(鼻茸)が認められ、手術を行っても再発を繰り返します。このような難治例においては気管支喘息を合併している症例が多く、末梢血中の好酸球増多や副鼻腔粘膜、鼻腔ポリープに著しい好酸球浸潤があることがわかってきました。現在本邦では、そのような病態を「好酸球性副鼻腔炎」と呼んでいます。また、欧米の病態分類において重要視されている鼻茸の有無よりも、粘膜の好酸球浸潤の方が統計学的に術後の予後との相関があることも報告されています。
そこで、東邦大学医療センター大橋病院において、慢性副鼻腔炎患者に対し内視鏡下鼻内副鼻腔手術(endoscopic sinus surgery: ESS)を施行し、術後3ヶ月以上経過観察し得た361例を対象として、術後の予後について解析を行いました。全例においてESSによる篩骨蜂巣の単洞化を行い、術後に好酸球性副鼻腔炎と診断された症例には、鼻洗浄と鼻噴霧用ステロイドによる局所治療を必ず行ったうえで、予後に関わるリスク因子を統計学的に同定しました。その結果、従来から予後に影響を及ぼすと言われている末梢血中の好酸球増多や組織中の好酸球浸潤などは、再発例や、適切な治療を行っても再発をくりかえす難治例において、リスク因子とはなりませんでした。それでも、気管支喘息を合併する症例においては術後早期から有意に再発を認めたことから、鼻洗浄やステロイドによる局所治療では制御できない何らかの難治化因子が存在することが推測されました。このことから、適切な手術と術後管理を行うと、好酸球に関連する因子は制御できる可能性が示唆されました。すなわち、術式や術者の技量、そして術後の管理を高いレベルで統一することによって、ESSの予後は大きく変わることを示しています。

好酸球性副鼻腔炎のバイオマーカー
好酸球性副鼻腔炎における疾患特異的なバイオマーカーや治療標的を探索することを目的として、好酸球性副鼻腔炎患者と非好酸球性副鼻腔炎患者の鼻茸組織、および正常ドナーの鼻粘膜組織からtotal RNAを抽出し、マイクロアレイによる網羅的な遺伝子発現プロファイルの検討を行いました。クラスター解析や主成分分析で検討した結果、好酸球性副鼻腔炎に特徴的な発現プロファイルが存在することを同定し、5つのサブクラスター(E1~5)に分類しました。すると、E1およびE2クラスターには、鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎(chronic rhinosinusitis with nasal polyps: CRSwNP)における解析でも多数報告されている、好酸球や2型炎症に関連する遺伝子(CLC、 CCR3、CCL26、CST1など) が多く含まれていました。その一方で、興味深いことに、E3クラスターにはリンパ球関連の遺伝子(IL2RA、CD209など)、E4クラスターには細胞外マトリックス関連の遺伝子(POSTN、FN1など)、E5クラスターには細胞増殖やcell cycle関連の遺伝子(KRT6A、MKI67など)が多く含まれていました。
さらに、好酸球性副鼻腔炎の病態をさらに明らかにするため、各サブクラスターの構成遺伝子の上流因子をパスウェイ解析で予測したところ、E3クラスターの上流因子はBTK、 IL4、IL5などであり、E4クラスターの上流因子は、TGFB1、IL1B、TNFなどであり、E5クラスター の上流因子は、CCND1、ERBB2などでした。
将来的には、このような好酸球性副鼻腔炎における分子病態の解析をもとにバイオマーカーが明らかになれば、抗体医薬などによる分子標的治療が広く行われるようになると思われます。

閉塞性睡眠時無呼吸に関する臨床研究
閉塞性睡眠時無呼吸(obstructive sleep apnea: OSA)は、肥満、顎顔面形態異常、上気道疾患、加齢など様々な原因により引き起こされる多因子疾患です。治療は各要因に応じて、減量、手術、経鼻的持続陽圧呼吸療法、口腔歯科装置などによる治療が単独またはそれらを組み合わせて行われます。特に、鼻呼吸障害を有する患者の鼻手術治療単独の効果については、重症度である無呼吸低呼吸指数を有意に改善させるという報告は少なく、いびきやquality of lifeが改善するといった報告が多くあります。また、OSAの治療評価は終夜睡眠ポリグラフ検査によって行われますが、無呼吸低呼吸指数などの呼吸パラメーターや従来の睡眠段階判定法による睡眠パラメーターには変化があまりみられない患者も多くみられます。
そこで新しい試みとして、患者に対し鼻腔形態改善手術(鼻中隔矯正術および下鼻甲介粘膜切除術)の前後で終夜睡眠ポリグラフ検査を施行し、通常の睡眠脳波解析に加え、自覚的な睡眠の満足度と相関が高くノンレム睡眠における睡眠の不安定性を表すとされているcyclic alternating patternによる評価を行っております。

代表論文

  1. Okada N, Nakayama T, Asaka D, Inoue N, Tsurumoto T, Takaishi S, Otori N, Kojima H, Matsuda A, Oboki K, Saito H, Matsumoto K, Yoshikawa M. Distinct gene expression profiles and regulation networks of nasal polyps in eosinophilic and non-eosinophilic chronic rhinosinusitis. Int Forum Allergy Rhinol. 2018; 8(5): 592-604.
  2. Nakayama T, Sugimoto N, Okada N, Tsurumoto T, Mitsuyoshi R, Takaishi S, Asaka D, Kojima H, Yoshikawa M, Tanaka Y, Haruna SI. JESREC score and mucosal eosinophilia can predict endotypes of chronic rhinosinusitis with nasal polyps. Auris Nasus Larynx. 2019; 46(3): 374-383.
  3. Nakayama T, Okada N, Yoshikawa M, Asaka D, Kuboki A, Kojima H, Tanaka Y, Haruna SI. Assessment of suitable reference genes for RT-qPCR studies in chronic rhinosinusitis. Sci Rep. 2018; 8(1): 1568.
  4. Yoshikawa M, Wada K, Yoshimura T, Asaka D, Okada N, Matsumoto K, Moriyama H. Increased CXCL10 expression in nasal fibroblasts from patients with refractory chronic rhinosinusitis and asthma. Allergol Int. 2013; 62(4): 495-502.
  5. Yoshikawa M, Kojima H, Yaguchi Y, Okada N, Saito H, Moriyama H. Cholesteatoma fibroblasts promote epithelial cell proliferation through overexpression of epiregulin. PLoS One. 2013; 8(6): e66725.
  6. Yoshimura T, Yoshikawa M, Otori N, Haruna S, Moriyama H. Correlation between the prostaglandin D(2)/E(2) ratio in nasal polyps and the recalcitrant pathophysiology of chronic rhinosinusitis associated with bronchial asthma. Allergol Int. 2008; 57(4): 429-36.
  7. Asaka D, Nakayama T, Hama T, Okushi T, Matsuwaki Y, Yoshikawa M, Yanagi K, Moriyama H, Otori N. Risk factors for complications of endoscopic sinus surgery for chronic rhinosinusitis. Am J Rhinol Allergy. 2012; 26(1): 61-4.
  8. Asaka D, Yoshikawa M, Nakayama T, Yoshimura T, Moriyama H, Otori N. Elevated levels of interleukin-33 in the nasal secretions of patients with allergic rhinitis. Int Arch Allergy Immunol. 2012; 158 s1: 47-50.
  9. Nakayama T, Asaka D, Yoshikawa M, Okushi T, Matsuwaki Y, Moriyama H, Otori N. Identification of chronic rhinosinusitis phenotypes using cluster analysis. Am J Rhinol Allergy. 2012; 26(3): 172-6.
  10. Yoshikawa M, Kojima H, Wada K, Tsukidate T, Okada N, Saito H, Moriyama H. Identification of specific gene expression profiles in fibroblasts derived from middle ear cholesteatoma. Arch Otolaryngol Head Neck Surg. 2006; 132(7): 734-42.

教育の概要

学部

教育目標
東邦大学は、「自然・生命・人間」を建学の精神とした自然科学系総合大学で、医学部は1925年に創立された帝国女子医学専門学校が前身となります。このような伝統をもとに、医学部では医学の基本である知識、技術、医の心を学ぶことによって医学を深く理解し、豊かな人間性と科学的判断力を身につけることを目標としております。

講義・実習の内容
当講座が担当する耳鼻咽喉科学は、一見狭い領域を診る分野と思われがちですが、実際には脳、眼球、頸椎をのぞく頭頸部のすべてをあつかう学問であり、乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層の患者が対象となります。また、耳鼻咽喉科の診療は「外科系」「内科系」の両方の領域にまたがるため、医学部生の興味や適正に合わせて、将来的には医師としての豊富な選択肢が用意されています。まだ診療経験のない医学部生に、講義や臨床実習を通じて耳鼻咽喉科学の興味深さを伝えることによって医学全般に対する意欲を掻き立て、社会に貢献できる医師を養成するとともに、東邦大学の将来を担う人材の育成を目指します。

大学院

教育目標
耳鼻咽喉科学に関する専門的知識を修得するとともに、自立して研究活動を行うための高度な研究能力を身に付けることを目標とします。さらに、医学研究指導者としての教育力、社会的・倫理的な配慮、豊かな学識をもった耳鼻咽喉科医の育成を目指しております。

講義・実習の内容
耳鼻咽喉科学に包括される領域のうち、当講座の最も得意とする鼻科学、免疫アレルギー学の専門的知識を教育するとともに、病態解明や新規の治療法の開発などに関する研究を行います。基礎研究を重ねて見つけ出した新しい医療の種(シーズ)を、臨床医学としての耳鼻咽喉科学にどのように応用するか、すなわちトランスレーショナル・リサーチ(橋渡し研究)による社会貢献を最終的な目標とした講義や実習を行います。

学位授与までの過程
大学院生としての4年間に、博士課程(医学専攻)の必修科目26単位以上と選択科目4単位以上を修得するとともに、新しい知見に関する研究成果を学位論文として発表します。提出された学位論文をもとに、専門的知識、研究能力などが審査され、最終試験に合格すると博士(医学)の学位が授与されます。詳しくは、「医学研究科のご案内」https://www.toho-u.ac.jp/med/graduate/index.htmlをご覧ください。

診療の概要

東邦大学医療センター大橋病院は、IT文化の発信地である渋谷に隣接し、近隣には目黒、世田谷の閑静な住宅地が広がっております。2018年6月に最新鋭の設備を整えた新病院が開院し、都内でも有数の恵まれた環境にある大学病院として、高度な専門性に基づく、手術治療を中心とした診療を行っております。
特に、厚生労働省の指定難病である「好酸球性副鼻腔炎」を含む慢性副鼻腔炎や、副鼻腔真菌症、鼻副鼻腔腫瘍などの鼻副鼻腔疾患や、下垂体腫瘍などの頭蓋底疾患を対象とした内視鏡下鼻内副鼻腔手術については、全国でも有数の手術件数を誇ります。この手術に関しては充実した設備を有し、手術支援機器としてハイビジョン内視鏡システム、マイクロデブリッダーおよび内視鏡用ドリル、手術用ナビゲーションシステムを備えており、高度な医療を提供しております。さらに、全国から参加者が集まる「内視鏡下鼻内手術の研修会」において手術指導を行う技量と、豊富な手術経験をもつ指導医による管理のもと、低侵襲で安全な手術を行っております。
また、アレルギー指導医や専門医の資格をもつ医師によるアレルギー専門外来では、アレルギー性鼻炎に対するアレルゲン免疫療法や手術治療にも精力的に取り組んでおります。睡眠時無呼吸に関する専門的な診療も行っており、他施設ではあまり行われていない小児例の診断や治療にも力を入れております。

その他

社会貢献

主なメディア掲載:吉川 衛

  1. 治りにくい鼻詰まり 難病の好酸球性副鼻腔炎.神戸新聞.2019.5/13
  2. 後鼻漏.毎日新聞.2017.2/14
  3. つら~い慢性副鼻腔炎.日本経済新聞.2016.9/3
  4. 侮るなかれ!鼻づまり.NHKテレビ「あさイチ」,2016.1/27放送
  5. 慢性副鼻腔炎「3つのタイプ」「3つの治療法」.NHKテレビ「きょうの健康」,2015.9/14, 15放送
  6. 名医が警告!いま 気をつけるべき病ランキングスペシャル. テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」,2014. 4/1放送
  7. 慢性副鼻腔炎(蓄膿症).週刊朝日MOOK 新「名医」の最新治療2014.2013.12/20
  8. 慢性副鼻腔炎(蓄膿症).週刊朝日.2013.8/30
  9. 朝方のくしゃみ連発にご注意「花粉ではなく寒暖差」.朝日新聞.2013.5/7
  10. 子どもの長引く鼻水・鼻づまりに注意!.NHKテレビ「きょうの健康」,2013.4/24放送

学会活動

主な学会・研究会の役職:吉川 衛

日本耳鼻咽喉科学会  代議員、専門医制度委員
日本アレルギー学会  代議員
日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会  理事 評議員
日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会  理事 評議員
日本小児耳鼻咽喉科学会  理事 評議員
日本鼻科学会  代議員
耳鼻咽喉科臨床学会  運営委員
大橋ENT研究会  代表世話人
東京城南ENTセミナー(東京JOES) 代表世話人
目黒区耳鼻咽喉科合同医会  代表世話人
関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会  世話人
睡眠呼吸障害研究会耳鼻咽喉科部会  世話人
OJENT研究会  世話人
お問い合わせ先

東邦大学 医学部

〒143-8540
東京都大田区大森西 5-21-16
TEL:03-3762-4151