理学部生物分子科学科

メニュー

反応の速さ (reaction rate)

 化学反応には、水素と酸素が結合して水になる反応のように瞬間的に終わる速い反応もあれば、鉄と酸素が反応してさびが生じるような非常にゆっくりとした反応もある。反応の速さは濃度、温度、圧力、固体の表面積、触媒、光などによって大きく変化する。化学反応の速さは、単位時間あたりの物質の変化量で表される。

 化学反応が起こるためには、反応物の分子同士が衝突して、高いエネルギーをもつ活性化状態を経なければならない。活性化状態にするのに必要な最小のエネルギーを活性化エネルギーという。温度をあげると反応速度が大きくなるのは、大きな運動エネルギーを持つ分子の数が増えるため、衝突によって活性化状態に達する分子数が増えるからである。活性化エネルギーの大きさは、反応の種類によって異なり、活性化エネルギーが大きいほど反応速度は小さくなる。

生物分子科学科イメージマップへのリンク

生物分子科学科イメージマップ
イメージマップのトップページへ

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110