大学院

メニュー

カリキュラムについて

高度な専門知識・技術を学び、医療・看護・福祉の知識の融合を図り、科学的なエビデンスに基づく研究と実践のできる人材を育成するために、以下のようなカリキュラムを編成しています。
  • 医療・看護・福祉の知識を融合するために「看護理論」「看護倫理」「医療言語論」「疾病学特論」「看護政策特論」などの共通科目を配置しています。
  • 各専門科目の特論と演習をとおして、専門知識・技術を学びます。また、科学的エビデンスに基づく研究を実施するために「看護研究法」を学んだうえで「看護学特別研究」をとおして研究能力を養います。
  • 高度看護実践課程(CNSコース)では、卓越した専門職業人を目指し、高度な専門性のある看護実践者を育成する科目を配置しています。
  • 実践助産学課程では、母子および家族を対象とする問題解決能力、助産実践能力を身につける科目を配置しています。
  • 高度実践公衆衛生看護学課程では、情報を収集・分析し健康課題を抽出できる研究力、健康課題に対応できる実践力、住民や多職種と協働できる地域マネジメント力を身に付け、事業化・施策化できる保健師の育成を目指した科目を配置しています。
NEW! 2023年4月より高度実践公衆衛生看護学課程を開講しました。
カリキュラム