お知らせ

メニュー

新型コロナウイルス感染症に対する注意喚起

学生・教職員各位:
令和2年11月20日
学長 高松 研


 新型コロナウイルス感染症が今月に入り再拡大し、冬に向かって大きな「第3波」が到来していると思われます。学生、教職員の皆さまには、改めて下記の感染予防・防止策に努めていただくとともに、人権への配慮をお願いいたします。

今こそ自分が変わるとき、今こそ未来を守るとき*

学内外の行動において、注意すべきこと
・マスクの着用、手洗い、消毒、換気を徹底しましょう。
・日ごろから3つの「密」(密閉、密集、密接)が発生する場所を徹底的に避けましょう。
・大人数での会食や飲み会を避けましょう。
・飲食店等を利用する場合には、自己適合宣言マーク等の表示に留意しましょう。
・大声を出す行動(飲食店等で大声で話す、カラオケやイベント、スポーツ観戦等で大声を出すなど)を自粛しましょう。
・発熱していなくても、体調不良や感染の疑いがある場合には、外出は控えましょう。

また、新しい日常において年末年始を迎えようとする中、同居する親族等との交流場面が考えられますが、決して気を緩めず、以下の政府・自治体からの提言等を参考に、感染予防・防止策をとるようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症対策分科会から提言された『5つの場面』を避けるようお願いいたします。
1.飲酒を伴う懇親会など
2.大人数や長時間におよぶ飲食
3.マスクなしでの会話
4.狭い空間での共同生活
5.居場所の切り替わり

東京都から発せられた会食時の感染防止対策『5つの小』を守るようお願いいたします。
1.「小人数」…会食は極力小人数で
2.「小一時間」…できれば小一時間程度に収める
3.「小声」…小声で楽しむ
4.「小皿」…お料理は小皿に分ける
5.「小まめ」…小まめにマスク、換気、消毒を行う

東邦の輪~心で繋がりみんなで乗り越えよう!*

※新型コロナウイルス感染症に関連して、人権について配慮すべきこと
・新型コロナウイルスは誰がかかってもおかしくない病気です。
・誰もが気づかないうちに感染させてしまう可能性がある病気です。
・罹患者、濃厚接触者やPCR検査受検者の方は、とても不安な気持ちで日々を過ごし、精神的なプレッシャーを感じています。
・誰もが安心して治療を受け、社会に戻ることができるよう、人権に配慮した行動に努めてください。

 新型コロナウイルス感染症はいまだ不明な点が多い感染症です。学生の皆さんが、正しい行動をとることは、自身や家族の安全と健康を守り、そして社会、未来を守ります。引き続き、ご協力をお願いいたします。

 その他質問事項等がございましたら、本学で設置している「新型コロナウイルス感染症に関する学生相談窓口」** をご活用ください。



* 東邦大学感染拡大防止スローガン。最優秀賞および優秀賞。
** 本学から発行しているGmailアカウントにログインの上、お問い合わせください。上記お問い合わせフォームには、個人で所有しているGmailアカウントからはアクセスができません。