お知らせ

メニュー

令和3年度における授業の方針について

学生の皆さま
受験生の皆さま
令和2年10月30日
学長 高松 研

 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、政府による緊急事態宣言が発出される等、この数か月間は学生の皆さん、受験生の皆さんにとって、思ってもみなかった期間になったと思います。
 このような状況においても、自然科学系総合大学である東邦大学は、教職員一丸となり、感染拡大防止に最大限の注意を払うとともに、学生の皆さんの学修機会を適切に確保すべく、教育・研究活動を継続してきました。すでに令和2年度秋学期授業については、遠隔授業を十分に活用するとともに、演習、実習などを中心に、一部の授業をキャンパス内での対面形式により実施しています。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症はいまだ不明な点が多い感染症であり、国内外の感染症の状況に鑑みても長期的な対応が必要となることが見込まれます。つきましては、東邦大学における令和3年度の授業の方針を以下の通りお知らせいたします。なお、本方針は現時点の状況に応じて作成、公表しておりますが、今後、新たな感染の拡大や、最新の情報、知見が得られた場合には、随時見直しを行います。
令和3年度における授業の方針
  • 教育効果や学生同士のつながり、建学の精神である「自然・生命・人間」に根付いた豊かな人間性を涵養する観点等からも、演習、実習などを中心に、キャンパス内での対面形式による授業を実施いたします。併せて、感染症への対応および教育手法としての利点を踏まえ、遠隔授業を十分に活用します。
  • 遠隔授業は、双方向オンライン型、動画配信オンデマンド型、資料配付・配信型など多様な形態によって実施いたします。
  • 新入生、在学生ともにパソコンやインターネット回線等を準備いただき、学修環境、通信環境の整備をお願いいたします。
 遠隔授業には、学修環境の整備やコミュニケーション等の面でまだ難しさがある一方、時間や場所を選ばすに繰り返し学修できる等、優れた面が多くあります。そのため、本学では今後も遠隔授業の活用を視野に入れた教育を推進していきたいと考えています。
 これから皆さんが活躍する社会においても、遠隔会議やオンライン診療等、遠隔によるコミュニケーションの実践や働き方が必要となります。大学における遠隔授業の経験は、これからの社会で皆さんが大きく羽ばたく未来に繋がります。ぜひ皆さんも未来への展望であることを充分に理解いただき、令和3年度の授業に臨んでください。