大学・学部

メニュー

学長挨拶

東邦大学 学長  高松 研

 東邦大学は、1925年に学祖額田豊・晉兄弟により創立された帝国女子医学専門学校を前身とし、現在、5つの学部(医学部・薬学部・理学部・看護学部・健康科学部)からなる自然・生命科学の総合大学として、日本でも有数の私立大学に発展しています。この間、「自然・生命・人間」を建学の精神として社会と時代の要請に応えながら、正しい自然観・生命観を元に「自然とは何か」「生命とは何か」「人間としての優しさ・ぬくもり・愛とは何か」を追求することにより、教育・研究と医療活動を介して、自然・生命科学の普及と人材の育成に尽力してきました。すでに3万人を超える卒業生を輩出し、日本全国あるいは世界で活躍されています。

 本学は、教育と研究をともに重視する教育研究機関を目指しています。今、教育は4つの大きな課題に直面しています。人生100年時代、人工知能と情報通信技術の進化、少子化、そしてグローバル化です。学んだ知識・技能を実践・応用する力、さらには自ら問題の発見・解決に取り組む力を育成することが特に重要です。自主的・自律的に考え、また、多様な他者と協働しながら、社会に新たな価値を創造し、より豊かな社会を形成することのできる人を育てていかなければなりません。さらには、パラダイムの転換に対して、深い専門性に加えて柔軟な思考力や幅広い知識に基づく判断力をもつ人材が必要とされます。建学の精神に通じる人間性、社会での実践力、科学する眼と探求に必要な創造力を磨き、問題解決思考を修得する、そして共生型リーダーシップを醸成するための問題発見・問題解決型少人数教育を実践しています。研究面では、東邦大学ならではの研究を推進し、研究成果の社会への還元を積極的に行っています。そして、研究力強化のための環境整備にも積極的に取り組んでいます。

 今後も、本学のブランディングコンセプト「いのちの科学で未来をつなぐ」のもと、自然・生命科学を修める総合大学として、社会から評価され続ける大学を目指して参ります。