理学部情報科学科

メニュー

学科のご紹介

ごあいさつ

学科主任 並木誠

 私たちの日常は,様々な情報に満ち溢れています。家族や友人との会話,ネットでのやり取り,ニュース,映画,音楽,漫画や書籍,学校などで得られる知識などはわかりやすい例でしょう。その他,数値や記号に置き換えることのできるものは全て情報とみることができます。例えば,金融活動やDNAの塩基配列なども情報です。これら多種多様で大量な情報の中から,有益な情報を知識として得て,人々の生活に役立てようとする科学技術分野を,いわゆるデータサイエンスと言い,現在非常に盛んに研究開発がなされている分野です。人々の生活を根底から変える可能性がある科学技術ということで,これらの流れを,第四次産業革命と捉える考え方もあるほどです。

 多種多様な「情報」の本質を見極め,人々の生活に有効利用しようとするための学問を「情報科学」と言います。情報科学を体系的に学ぶために,東邦大学の情報科学科では,「数学」と「コンピュータ科学」を中心に勉強します。情報を,数値や記号などでデータ化し,どのような性質を持つのか分析したり,電気信号として他の場所に送信する,これらのことを考えるのに数学は非常に役に立ちます。また,一連の情報処理を制御するのに,コンピュータは欠かせません。具体的な分析や,効率的な通信,論理的なデータ処理には,コンピュータ科学の力が必要不可欠なのです。

 情報科学科のカリキュラムは,以下のようになっています。まず1年生では,情報科学の基礎となる数学と,基礎となるコンピュータ科学を全員で勉強し,基礎固めをします。2年,3年生ではそれぞれの学問的興味に合わせて「数理知能科学コース」と「メディア生命科学コース」に別れて,発展的な課題に取り組みます。数理知能科学コースでは,金融工学などより高度な情報数学を勉強し,メディア生命科学コースでは,バイオインフォマティックスやなど,コンピュータ科学の洗練された応用を勉強します。囲碁の授業による論理的思考の訓練,プロジェクトという授業でのチームによる問題解決の実践演習などはそれぞれのコースの特徴的な授業です。3年生後半から4年生にかけて,研究室に所属し,4年間の集大成である卒業論文を仕上げます。

 平成元年(1989年の)創設以来,31年が経ち,卒業生も2600人を超えました。まさに平成とともに歩んできました。卒業生は,情報・通信分野の企業を中心に,技術者として活躍しております。近年は中学校・高等学校の教員として教壇に立つ卒業生も増えてきました。これからは,みなさんが活躍する令和の時代です。令和の時代の情報科学を,私たち東邦大学理学部情報科学科とともに創っていきましょう。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110