大学院

メニュー

博士前期課程入試情報

一般入試(8月募集)

出願資格

次のいずれかの要件を満たす者とする。
(1)大学(学校教育法第83条に定める大学をいう。以下同じ)を卒業した者または2022年9月および2023年
   3月に卒業見込みの者。
(2)文部科学大臣の指定した者。
(3)学校教育法第104条第4項の規定により学位授与機構より学士の学位を授与された者または2023年3月31日
   までに授与される見込みの者。
(4)外国において16年の学校教育の課程を修了した者または2023年3月修了見込みの者。
(5)本研究科において個別の入学資格審査(※)により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められ
   た者で2023年4月1日までに22歳に達している者。

※上記(5)において出願しようとする者は、出願前に必ず習志野学事部学事課理学部教務担当へ申し出ること。
 <個別の入学資格審査申請期間>
 8月入試:6月30日まで
 (審査の詳細についてはお問い合わせください)
募集人員 化学専攻:16
生物学専攻:15
物理学専攻:18
生物分子科学専攻:18
情報科学専攻:18
環境科学専攻:6

※各専攻募集人員数は、推薦入試、特別選抜入試、社会人入試、外国人入試募集人員
 の若干名を含む。
試験科目 ◆化学専攻
・専門科目1(基礎必答問題)
・専門科目2(選択問題)
・英語
・面接

◆生物学専攻、物理学専攻、生物分子科学専攻、情報科学専攻、環境科学専攻
・専門科目
・英語(英文和訳・和文英訳)※
・面接

※環境科学専攻の専門科目は選択制とする。
※生物学専攻、生物分子科学専攻、情報科学専攻、環境科学専攻の英語は個別試験は
 実施せず、外部試験により評価する。詳細は学生募集要項参照のこと。
出願期間 2022年8月1日(月)~8月15日(月)必着
試験日 2022年8月20日(土)
合格発表日 2022年9月1日(木)
入学手続期限 2022年9月12日(月)午後3時
(注1)出願前に必ず専攻主任および志望部門の教員へ連絡すること。(問い合わせ先は募集要項を参照)
(注2)各教員の受け入れ可能な人数には制限があるため、第1志望の教員の研究指導を受けられない場合がある。

一般入試(2月募集)

出願資格

次のいずれかの要件を満たす者とする。
(1)大学(学校教育法第83条に定める大学をいう。以下同じ)を卒業した者または2023年3月卒業見込みの者。
(2)文部科学大臣の指定した者。
(3)学校教育法第104条第4項の規定により学位授与機構より学士の学位を授与された者または2023年3月31日
   までに授与される見込みの者。
(4)外国において16年の学校教育の課程を修了した者または2023年3月修了見込みの者。
(5)本研究科において個別の入学資格審査(※)により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められ
   た者で2023年4月1日までに22歳に達している者。
※上記(5)において出願しようとする者は、出願前に必ず習志野学事部学事課理学部教務担当へ申し出ること。
 <個別の入学資格審査申請期間>
 2月入試:12月20日まで
 (審査の詳細についてはお問い合わせください)
募集人員 化学専攻:若干名
生物学専攻:若干名
物理学専攻:若干名
生物分子科学専攻:若干名
情報科学専攻:若干名
環境科学専攻:若干名

※各専攻募集人員数は、推薦入試、特別選抜入試、社会人入試、外国人入試募集人員
 の若干名を含む。
試験科目 ◆化学専攻、生物学専攻、物理学専攻、情報科学専攻、環境科学専攻
・専門科目※1
・英語(英文和訳・和文英訳)※2
・面接※3

※1  ・生物学専攻の専門科目は卒業研究の内容発表および口頭試問と面接に代える場合がある。
   ・情報科学専攻の専門科目は卒業論文に代える。
   ・環境科学専攻の専門科目は選択制とする。
※2  ・化学専攻の英語は、英文和訳のみ。
   ・生物学専攻・情報科学専攻・環境科学専攻の英語は個別試験は実施せず、外部試験により評価する。
※3  ・化学専攻は卒業研究および研究計画の発表と口頭試問を含む。


◆生物分子科学専攻
・卒業研究または研究計画の内容発表および口頭試問
出願期間 2023年2月1日(水)~2月8日(水)必着
試験日 2023年2月24日(金)
合格発表日 2023年3月2日(木)
入学手続期限 2023年3月10日(金)午後3時
(注1)出願前に必ず専攻主任および志望部門の教員へ連絡すること。(問い合わせ先は募集要項を参照)
(注2)各教員の受け入れ可能な人数には制限があるため、第1志望の教員の研究指導を受けられない場合がある。

 入学者選抜に関するすべての事項は,必ず募集要項により確認してください。