理学部生命圏環境科学科

メニュー

地球惑星システム学研究室

研究室紹介

地球表層環境は、固体地球活動や太陽活動といった外的要因の変化の影響を受けながらも、過去40億年近くにわたって生命とともに進化してきました。本研究室では、地球表層環境の安定性や変動性および進化を、大気—海洋—生命圏を媒介とした物質・エネルギー循環というフレームワークの中で理解し、地球が生命の星であり続けてきた理由に迫るための研究を行っています。

研究テーマ

  • 地球の大気海洋組成の変遷
  • 海洋酸性化・貧酸素化の発生条件
  • 大量絶滅事変の発生メカニズム
  • 系外地球型惑星のハビタビリティ

研究室サイトへのリンク

担当教員

尾﨑 和海 / 講師

略歴

尾﨑和海/講師

東京都立大学 理学部 物理学科
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士(理学)
2012年4月~2016年3月:東京大学 大気海洋研究所 特任研究員
2016年4月~2018年3月:ジョージア工科大学 NASAポスドクプログラム研究員
2018年4月より現職

専門分野

  • 地球システム科学

研究業績

担当科目

  • 地球システム論(主担当)
  • 基礎地学実験(分担)
  • 地球科学ユニット科目(分担)

学生の皆さんへのメッセージ

地球科学は従来の基礎科学の境界に位置し、専門分野を超えた広い視野と柔軟な適応性を養うことのできるとてもエキサイティングな学問です。学生には、自然界の階層性や時空間スケールを柔軟にまたいで自発的に探究できる人材になってほしいと思っています。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110