理学部生命圏環境科学科

メニュー

『2013年 三番瀬干潟観察会』 開催報告

 2013年6月22日(土)、東京湾三番瀬において生命圏環境科学科が担当した理学部公開講座「三番瀬干潟観察会」が開催されました。
三番瀬。この時期は潮干狩客で賑わいます。
 三番瀬は東京湾の最奥部に位置する遠浅のな海岸で、その一部には再生された干潟があり、この時期は潮干狩りをする人たちで賑わいます。干潟はカニや貝・ ゴカイなど干潟生物の重要な生息地で、またそれらの干潟生物を餌とする多くの魚や鳥たちの集まる生き物たちの楽園です。しかしながら、東京湾沿岸域は開 発・埋立のため、東京湾岸のかつての姿である「塩性湿地-干潟-浅瀬」の風景はほとんどなくなっています。そのようななか、三番瀬は隣接する塩性湿地と干 潟の多くはなくなってしまっていますが、広大な浅瀬と干潟が問題を抱えながらも残されています。
快晴!観察日和
 前日からの雨が残ることも心配されましたが、当日は快晴で絶好のフィールド観察日和となりました。就学前のお子さんから年配の方まで50名の参加があり ました。この観察会は、参加者が生物調査員の一員となり、全員で調査を行う人海戦術で三番瀬の生物相とその変化を明らかにすることを目的として、毎年開催 しています。干潟を歩きながら表面にいる生き物を探す「目視調査」と、砂に潜む生き物を探す「掘り返し調査」を行いました。
 参加者それぞれが記録した調査結果が後に集計され、2013年6月22日三番瀬の生物相の記録として残ります。このように調査を毎年行ない継続的に記録を残していくことで、三番瀬の生物相とその変化をみることができる貴重な資料となっていくのです。これらの成果は、政府が進めている「東京湾環境再生推進会議」で発表し、東京湾で「快適に水遊びができ、多くの生物が生息する、親しみやすく美しい海を取り戻す」取組みに生かされていきます。今年の調査結果の詳細は、まとまり次第このサイトで公表します。
ご参加いただいた皆様、暑いなかお疲れさまでした。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110