ゼミ合宿@三崎・真鶴・箱根

 みなさん、こんにちは。生命圏環境科学科4年のカドノです。

先日、二泊三日の日程で所属する地殻力学・地下水理学研究室のゼミ合宿へ行ってきました。

 

一日目と二日目は、自分たちの卒業研究内容を研究者の方々の前で発表したり、研究者の方々の研究内容の発表を聴いたりと内容の濃い二日間でした。

自分たちの発表前は大変緊張していましたが、いざやってみると多くのアドバイスやご指摘をいただくことができ、非常に多くの学びがありました。そして、研究者の方々の前で発表するという機会を得ることができ、何よりの経験となりました。研究者の方々の発表では、学生組はついていくのに必死、理解するのに必死、でしたがこちらも良い経験となりました。

 
 

三日目は、地質巡検として大涌谷へ向かいました。車の中まで硫黄のにおいが漂うほどの大量のガスが火口や噴気口から噴出しており、地球の息吹を感じることができる場所でした。また箱根ジオミュージアムでは、箱根火山ができるまでの地学的な仕組みを学んだり、周辺の地質図を見たりと非常に興味深かったです。




 

将来、“あの時すごい頑張ったなぁ”と思い出せるような、思い返してクスリと笑ってしまうような、そんなゼミ合宿になったのではないかと私は思います。残りあと半年も無い学生生活ですが、つらいことも楽しいことも仲間と共有して支えあい、今回学んだことを活かして卒業研究に精進していきます。

 

余談ですが、おいしいお魚もたくさん食べました!

ゼミ合宿、本当に楽しかった!!

 

 

投稿日:2018年10月23日12時00分| 投稿者: 学生| カテゴリ: 学生生活紹介


前の記事 |次の記事