フィリピン カオハガン島に行ってきました!(2)

お久しぶりです、づっちーです。

前回の更新からご無沙汰しておりましたが、昨年夏のフィリピン・カオハガン島での実習(2013年9月4日~9月10日)での話をしていきます。
生命圏に合格された皆さんにとって、ご参考になればうれしいです。


昨年11月8日、台風30号(英語名Haiyan)がフィリピン中部を直撃しました。
死者は6000人以上、負傷者はおよそ3万人、被災者は1600万人以上とされ甚大な被害を受けました。
私たちの行ったカオハガン島ではお亡くなりになった方はいらっしゃらなかったものの、被害の大きかった中部では今でも復旧作業が続いています。
台風被害に際して、心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈り致します。



それでは、実習での出来事をお話しして行きます!
どうかお付き合い下されば幸いです(´∀`)


初日は12時に成田空港集合、14時30分発の飛行機に乗りました。
空港内でライトやライフジャケットが配られ、スーツケースのわずかな隙間と格闘しながら荷物をまとめ終え、機内へ。
およそ4時間のフライトだったのですが、寝ているひとがいたり、かと思えばずーっとしゃべっているひとがいたり(笑)。
飛行機がフィリピンに到着したときには、すでに暗くなっていました。(日本とフィリピンの時差は約1時間。フィリピンの時間のほうが遅い。)






入国審査を終えて、セブのホテルへはタクシーで移動しました。私は日本以外のアジア地域は初めて訪れたのですが、すでにこの時点でカルチャーショックでした(-_-)
車間距離はぶつかりそうなくらい狭いし、日本だと歩行者優先(と教習所では教えられる)ですが、こっちでは車側はそもそも人なんか見てないし…
とっても危ないですね。

はらはらしながらも、無事にホテルに到着。
大きくてきれいなところだったので、みんなのテンションは上がりまくりです。
その日はもう遅い時間だったので、夕食を各自で済ませ、明日の準備をして就寝という予定でした。

ホテルにバイキングがあったので、そこで皆揃って夕食を取ったのですが、ホテルのスタッフさんが本当にいいひとたちばかりで(^^)
ろくに英語が話せないわたしたちにとても積極的に話しかけてくれました。
スタッフの方々や、近くで食事をしていた一人旅の日本人の方(もちろん初対面)と色々話してわいわいしました!

日本ではまず起こらないであろう状況に、こんなに楽しくていいのかなぁと思いながら初日が終了しました。

そして次の日からは体力勝負の実習がスタートです(^^;




 

カオハガン島に行ってきました!(1)  を読む

投稿日:2014年02月25日20時01分| 投稿者: 学生| カテゴリ: 学科・研究室紹介


前の記事次の記事