フィリピン カオハガン島に行ってきました!

 みなさんはじめまして!
生命圏環境科学科3年、環境生態学コースのづっちーです(^-^)/

今回から数回にわたって、わたしが夏休み中に行ったカオハガン島実習についてお話しします。

カオハガン島ってなに?というその前に、このコースの実習についてまずは説明させていただきたいと思います(*^^*)

生命圏では3年の秋学期から各ユニットコースに分かれて、それぞれ専門的な内容を学びます。
ですが環境生態学コースでは、他のコースに先取りして夏休みに実習を行います。
そして実習には4種類あり、その中から行きたい実習を選ぶのです!
気になる4種類の実習とは以下の通り↓
・千葉県小湊実習
・軽井沢実習
・他大学の臨海実習に参加
・フィリピンのカオハガン島実習
※2013年のメニューです(来年以降は変わるかもしれません)

「どれにも行きたくなーい」ってひとは卒業できません(笑)

そしてわたしが行ったのが4番目のカオハガン島なのです。


前置き長くてすみません(>_<)
それではカオハガン島について説明しますね。



この島はフィリピンセブ島沖にある、東京ドーム一杯ほどの小さな島で、およそ500人の島民が暮らしています。
島民の方々はとてもフレンドリーで、私達の名前をすぐに覚えてくれました(^-^)

島のオーナーは日本人の方で、様々な活動をしていらっしゃいます。
例えば、観光業を発展させて島民の収入源とするために島の教育・医療・産業を整備したり、熱帯珊瑚礁保護区を設け、珊瑚礁の保護に積極的に取り組んでおられます。
また、島民の子どもたちの教育環境の向上を主な目的とするNGOの代表を務める方でもあります。

今回わたしたちは、普段は入ることの出来ない珊瑚礁保護区で珊瑚礁の被度分布調査をやらせて頂きました!

実際にどんなことをしたのかは、長くなってしまうので次回以降にお話ししたいと思います♪

カオハガン島は知れば知るほど魅力的な島なので、気になった方はぜひ調べてみて下さい(^o^)v

ではでは(^з^)-☆
 


 セブ島からカオハガン島に向かう船に乗り込んでいるところです。
(ちなみに、ほぼ重量オーバー状態で沈みそうだったので怖かったです。)

カオハガン島到着時に島から撮った写真です。あまり風が吹いていなかったので水面が空をそのまま映していてきれいでした。 

投稿日:2013年10月21日21時01分| 投稿者: 学生| カテゴリ: 学科・研究室紹介


前の記事次の記事