理学部教養科

メニュー

海外体験プログラムⅣ(1〜4年次対象)
「Nature Activity Program in Yellowstone and Grand Teton National Parks」を開催しました。

2019年8月25日から9月2日までの9日間の日程で、理学部教養科が主催する「海外体験プログラムⅣ」が行われました。このプログラムは、アメリカ最古の国立公園であるアメリカのイエローストーン国立公園とグランドティートン国立公園を舞台にアウトドアキャンプをしながら大自然の魂動と息吹を感じられる特別プログラムとなっています。今回の参加学生は、化学科2名、物理学科4名、生命圏環境科学科2名、生物学科1名の9名、そして、引率教員には教養科スポーツ健康科学教室2名のほか、化学科地球化学教室の山口耕生准教授と、生物学科植物生態学研究室の下野綾子講師のスペシャリスト2名が同行しました。
Morning Glory Pool(左) と Old Faithful Gaysar(右)

イエローストーン国立公園では、山口先生の解説を受けながら、火山の火口地帯特有の熱水間欠泉(Old Faithful Geyser)や微生物の影響による七色の泉(Morning Glory Pool)などを見学し、下野先生からは公園内の至る所に自生しているロッジポールパインの生態やオオカミの再導入による生態系の変化についての解説を受け、地球内側の活動や動物・植物を含む自然・生命の営みを体感しました。また、グランドティートン国立公園では、氷河の浸食によってできた峡谷を歩き、氷河が作った湖(Lake Solitude)までの往復25kmのトレッキングを行いました。

Lake Solitudeに向けてトレッキング(左) キャンプ地での下野先生による特別講義(右)

体力的に厳しい行程ではありましたが、仲間と助け合いながら、自然のエネルギーと雄大な景色を活力に、全員が無事に全行程を歩ききることが出来ました。最終日には、現地の東ショショーニ族の方によるネイティブ・アメリカンの自然観に関するミニ講演会を実施し、自分自身と自然との向き合い方を考えさせられることとなりました。このプログラムは「自然・生命・人間」を体験的に学ぶ良い機会であり、多くの学生に参加してほしいプログラムだと考えています。

 Lake Solitude に到着!  

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110