理学部化学科

メニュー

光化学
PhotoChemistry

担当教員 長谷川 匡俊
選択 | 2単位 | 3年秋学期

授業目的

光の本質、光と物質の相互作用、光吸収による分子の物理的・化学的変化および光化学の応用例について演示実験を交えて学習する。

授業内容

1.光に関する基本法則
2.光と物質の相互作用、電子遷移
3.光化学反応
4.光化学に関する応用例
No.1 電磁波、光の性質(波動性と粒子性)およびエネルギー、光等量則
No.2 電子遷移概要(吸収、蛍光、燐光、項間交差、無放射失活)、Jablonski図
No.3 光の吸収、分子吸光係数と吸収電子遷移の許容度との関係
No.4 紫外-可視吸収スペクトルとその溶媒効果
No.5 n-π*遷移とπ-π*遷移
No.6 蛍光と燐光、スピン-軌道相互作用
No.7 吸収スペクトルと蛍光スペクトルの間の鏡像関係
No.8 共役と着色、共役・平面構造と蛍光性
No.9 分子間過程(消光剤による失活、濃度消光、エキシマ—、エキシプレックス、電荷移動錯体、光誘起電子移動、光誘起プロトン放出、励起エネルギー移動)
No.10 様々な発光現象(電界発光、化学発光、摩擦発光)とその利用、蓄光材料
No.11 蛍光プローブと分析例、蛍光偏光解消法
No.12 光化学実験法(電子スペクトル測定、光照射および解析)
No.13 光化学反応(水素引き抜き、環化付加、σ結合の切断、異性化)
No.14 光化学の利用:光重合、フォトリソグラフィー
No.15 学習到達度の確認

関連科目

予め学んでおくとよい科目:物理化学Ⅲ
この科目に続く内容の科目:該当なし

教科書・参考書

【教科書】
  • 使用しない
     その他 必要に応じて資料を配布する。
【参考書】
  • 「有機光反応論」(徳丸克己 著、東京化学同人)

評価方法

試験90%、授業への取り組み方(積極性、質問・発言等)10%として評価する。
例年共通して試験で間違い易いポイントを授業中に取り上げる。授業中に出した課題について、適宜、次回の授業で解説する。

オフィスアワー

月~金の9:00~12:00

その他

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110