理学部化学科

メニュー

環境化学II
Environmental Chemistry II

担当教員 山口 耕生
選択 | 2単位 | 2年秋学期

授業目的

教育目標:所謂「環境問題の化学(現象論)」にとどまらず、環境を題材にした化学の基本を学習する。
学習成果:環境における化学の基本を理解し、それがいかに実際の地球環境研究に使われているかを実感する。

授業内容

多岐にわたる現代の環境問題の中で、地球温暖化・オゾン層の破壊・酸性雨・土壌環境汚染・海洋酸性化などの現象の化学的側面と、海水中の溶存無機炭素のスペシエーションや酸化還元反応とEh-pHダイアグラム、堆積物中の有機物分解反応などの理論的な側面の両方を学習する。
No.1 イントロダクション:環境化学の概観
No.2 地球温暖化(Global Warming)と温室効果(Greenhouse Effect)
No.3 オゾン層の破壊(Ozone Depletion)、フロン、大気の組成と層構造、光化学スモッグ
No.4 酸性雨(Acid Rain)
No.5 酸性鉱山廃水(Acid Mine Drainage)
No.6 土壌の形成と汚染
No.7 放射能汚染
No.8 中間テストとまとめ
「不都合な真実」(An Inconvenient Truth)の鑑賞
No.9 海洋の酸性化(Ocean Acidification)、サンゴの化学
No.10 海水中の二酸化炭素の溶解平衡とスペシエーション、アルカリ度
No.11 酸化還元反応とそのカイネティックス
No.12 Eh-pH ダイアグラム
No.13 微生物による有機物分解過程(硫酸還元など)とΔG
No.14 元素のスペシエーション、錯形成、キレート反応
No.15 学習到達度の確認

関連科目

予め学んでおくとよい科目:特になし
この科目に続く内容の科目:環境化学Ⅰ 地球化学 地学

教科書・参考書

【教科書】【参考書】
  • 特に指定しないが、授業中に紹介することがある。
  • ◎さらに理解を深めたい学生は、以下の本を読むことを勧める。
    • Aquatic Chemistry (Stumm and Morgan, 1996; Prentice Hall),
    • The Geochemistry of Natural Waters(Drever, 1997; John Wiley and Sons, Inc.)
    • An Introduction to Environmental Chemistry(Andrews et al. 2004; Blackwell Pub.)
    • Environmental Chemistry(Manahan, 2010; CRC Press)
    【参考資料】
    • 必要に応じて随時配布する。

評価方法

主に中間試験(40%)・期末試験(50%)により評価する。
随時課すレポート類(10%)も評価の対象とする。
中間テスト実施後、問題の解答を次回以降の講義で解説する。

オフィスアワー

月曜日昼休み

その他

2年生以上を受講対象とする。化学科以外の学生も歓迎する。
講義テーマの順番は状況により前後することがある。
卒業研究で地球化学(山口)を希望する場合は、研究の性質上、本科目の(成績上位での)単位取得が望ましい。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110