理学部化学科

メニュー

生物化学I
Biochemistry I

担当教員 大寺 恵子
選択 | 2単位 | 2年春学期

授業目的

生物化学 I では、生命現象を理解するために、生命の化学的基礎、遺伝子と遺伝子操作、タンパク質の構造と機能、酵素作用、酵素の反応速度論、生体膜の構造と機能、シグナル伝達、炭水化物について、病態との関わりに注意を払いつつ、学ぶことを目的とする。これにより臨床検査が明らかにしようとする病態の深い理解と新たな検査への応用が可能となるはずである。

授業内容

遺伝子とその操作法、ペプチド結合、タンパク質の構造を支える弱い結合、ヘモグロビンやミオグロビンと酸素の結合、酵素の作用機構と阻害剤の働き、生体膜の構造と機能、シグナル伝達、炭水化物について、病態との関わりに注意を払いつつ、学ぶ。授業は教科書に沿って行い、必要に応じて補足しつつ、板書する。
No.1 1.生命の化学的基礎
2.水溶液の化学
No.2 3.遺伝子からタンパク質へ(1)
No.3 3.遺伝子からタンパク質へ(2)
No.4 4.タンパク質の構造(1)
No.5 4.タンパク質の構造(2)
No.6 5.タンパク質の機能(1)
No.7 5.タンパク質の機能(2)
No.8 6.酵素の働き(1)
No.9 6.酵素の働き(2)
No.10 7.酵素反応速度論と酵素反応の阻害
No.11 8.脂質と膜
No.12 9.膜輸送
No.13 10.シグナル伝達
No.14 11.炭水化物
総括(全体にわたる重要事項の再確認)
No.15 学習到達度の確認

関連科目

予め学んでおくとよい科目:微生物学 生物学
この科目に続く内容の科目:生物化学Ⅱ

教科書・参考書

【教科書】
  • エッセンシャル生化学第3版(東京化学同人)
【参考書】
  • 「ベインズ・ドミニチャク生化学 原書4版」丸善出版
  • 「キャンベル スミス 図解 生化学」西村書店

評価方法

定期試験(70%)および課題(30%)により評価する。

オフィスアワー

月曜日~金曜日 10:00~17:00(薬学部 D館 3階 D310

その他

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110