理学部化学科

メニュー

分析化学II
Analytical Chemistry II

担当教員 平山 直紀
選択 | 2単位 | 2年秋学期

授業目的

分離分析および基本的な機器分析法について,その原理を理解する。

分離分析の基本的な考え方について理解できる。
溶媒抽出法や固相抽出法の原理や考え方を理解し,実際に分離を行うための解析を行うことができる。
イオン交換やクロマトグラフィーの原理や考え方について理解できる。
最も基本的な分光分析である吸光光度法の原理や考え方について理解できる。
電気分析の最も実用的な応用例であるpH測定の基礎を理解できる。

授業内容

各種の分離化学的手法,分光分析法,電気化学分析法について学ぶ。
授業は教科書の4章,5.1節,5.2節, 2.1節をベースに行う。(5.3節以降については範囲外とする。)
なお,毎回の授業の最後に次回の予告を行う。
No.1 容量分析・重量分析に関する総復習     :教科書1~3章
No.2 分離化学概論               :教科書4.1節
No.3 溶媒抽出法(1) 分配平衡         :教科書4.2節
No.4 溶媒抽出法(2) キレート抽出       :教科書4.2節
No.5 溶媒抽出法(3) イオン対抽出・協同効果  :教科書4.2節
No.6 固相抽出法                :教科書4.3節
No.7 イオン交換                :教科書4.4節
No.8 クロマトグラフィー(1)クロマトグラフィー概論     :教科書4.5節
No.9 クロマトグラフィー(2) さまざまなクロマトグラフィー  :教科書4.5節
No.10 分光分析(1) 分光分析概論        :教科書5.1節
No.11 分光分析(2) 吸光光度法         :教科書5.1節
No.12 電気化学                 :教科書5.2節
No.13 試料の前処理               :教科書2.1節
No.14 総括(全体にわたる重要事項の再確認)
No.15 学習到達度の確認

関連科目

予め学んでおくとよい科目:分析化学I,基礎化学実験
この科目に続く内容の科目:分析化学III,機器分析I

教科書・参考書

【教科書】
  • 本浄高治ほか「基礎分析化学」(化学同人)(「分析化学I」と同じ)
【参考書】 
  • 今任稔彦・角田欣一監訳「原書7版 クリスチャン分析化学 I, II」(丸善出版)
  • 湯地昭夫・日置昭治「分析化学」(講談社)
  • 井村久則・樋上照男編「基礎から学ぶ機器分析化学」
  • 大谷肇編著「機器分析」(講談社)
  • 蟻川芳子他共編「ベーシックマスター分析化学」(オーム社)
  • 小熊幸一他編「これからの環境分析化学」(講談社)
  • 小熊幸一・酒井忠雄編著「基礎分析化学」(朝倉書店)
  • 井村久則他「吸光・蛍光分析」(共立出版)
   その他,必要に応じて講義中に紹介する。

評価方法

期末試験 75%,授業に取り組む姿勢(提出物を含む) 25%
なお,成績評価は履修案内p.19, 16.(4)の原則に基づいて行う。

オフィスアワー

木曜2限。その他、在室時は原則として対応する。担当教員居室は1104C。

その他

授業内容は無機・分析化学実験(秋学期)と一部関連しているが,連動はしない。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110