理学部生物分子科学科

メニュー

混合気体の圧力 (分圧:partial pressure)

 1801年、イギリスの化学者ドルトン(John Dalton, 1766‐1844)は、混合気体の観測の結果、どの気体も、一方の気体が存在することによって影響を受けることはないと結論付け、「混合気体の全圧は、各成分気体の分圧の和に等しい」というドルトンの分圧の法則を発表した。
全圧P = pA + pB + … (分圧:pA, pB, 
分圧=全圧×モル分率 
 ドルトンの法則のおかげで、気体の状態方程式を拡張して混合物にも適用できるようになった。ドルトンは1803年に倍数比例の法則を発表している。

生物分子科学科イメージマップへのリンク

生物分子科学科イメージマップ
イメージマップのトップページへ

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110