理学部生物分子科学科

メニュー

官能基 (functional group)

 官能基とは、有機化合物の中にある特定の構造を持つ基で、その化合物の特徴的な反応性の原因となる原子や原子団のことである。同じ官能基を持つ化合物は共通する物理的・化学的性質を持つ。また、有機化合物の名称も、その化合物が持っている官能基をもとにしてつけられており、官能基は有機化合物の分類の方法として重要である。代表的な官能基として、アルコール、ケトン、カルボン酸、アミン、エーテルなどがある。

 炭素や水素を中心とする有機化合物は極めて多数存在し、1つ1つの化合物の性質を記述し、まとめることはほとんど不可能である。そこで、有機化学を学習する際には、有機化合物をある基準で分類し、それぞれのグループに共通する性質を整理して学ぶのが現実的である。この分類として最も一般的なのが、官能基によるものである。例えば、−OHという部分構造をもつ有機化合物はアルコールと呼ばれ、この部分構造に由来する物理的性質や化学反応性をもつ。官能基の性質を知っていれば、初めて目にする有機化合物に対しても、ある程度その性質を予想することができる。また、1つの有機化合物の中に複数の官能基が存在する場合でも、それぞれの官能基の性質を組み合わせて考えることで、ある程度の推測が可能である。

生物分子科学科イメージマップへのリンク

生物分子科学科イメージマップ
イメージマップのトップページへ

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110