理学部生物分子科学科

メニュー

緩衝溶液 (または緩衝液;buffer)

 外から少量の酸や塩基を加えても,また,希釈して濃度を変えても,その影響を緩和してpH(水素イオン指数)をほぼ一定に保つはたらき(緩衝作用)をもつ水溶液を緩衝溶液という。一般に,酸性の緩衝溶液は弱酸とその塩の混合水溶液,塩基性の緩衝溶液は弱塩基とその塩の混合水溶液が用いられる。ヒトの血液は炭酸イオン(CO32-)と炭酸水素イオン(HCO3-)による緩衝作用でpH 7.4に保たれている。細胞内は,リン酸水素イオン(HPO42-)とリン酸二水素イオン(H2PO4-)でpH 6.9になっている。実験室では,酵素反応,細胞や微生物の培養等,pHの変動を最小限に抑える必要がある実験に用いられている。また,スポーツドリンクにも緩衝作用がある。
緩衝溶液の例
緩衝溶液 構成成分 用いるpH範囲
酢酸緩衝液 CH3COOHとCH3COONa 3.2-6.2
リン酸緩衝液 NaH2PO4とNa2HPO4 5.2-8.3
塩化アンモニウム緩衝液 NH3とNH4Cl 8.0-11.0
実験室から:
 DNAやRNAの保存には通常TE緩衝液を用いる。TE緩衝液に含まれるEDTAは2価の金属イオンのキレート剤で,Mg2+イオンに結合して,核酸分解酵素(DNase)の働きを弱める効果がある。また,pHを弱アルカリ性にしておくことで(RNA用にはpH 7.4,DNA用にはpH 8.0),DNAやRNAの沈殿と分解を防ぐはたらきもある。
*TE緩衝液:トリス緩衝液(トリス(ヒドロキシルメチル)アミノメタン)にEDTAを加えたもの

関連する用語

生物分子科学科イメージマップへのリンク

生物分子科学科イメージマップ
イメージマップのトップページへ

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110