理学部生物分子科学科

メニュー

ヘスの法則 (総熱量保存の法則;Hess’s law)

 1840年,スイス生まれのロシア人化学者であるヘス(Germain Henri Hess, 1802-1850)は,さまざまな化学反応の反応熱を測定して,「ある物質が,一連の化学反応を経て生成物に変換されるときの各反応の反応熱の総和は,その物質が直接生成物に変換される反応熱に等しい。」ことを見いだした。より一般的には,「反応熱の総和は,反応の経路によらず,反応の最初と最後の状態だけで決まる。」と言い換えられる。ヘスの法則を利用すると,実際に測定することが困難な反応熱を計算によって求めることができる。ヘスの法則は,物理で学習する「エネルギー保存の法則(熱力学第一法則)」が化学変化にも適用できることを示している。

生物分子科学科イメージマップへのリンク

生物分子科学科イメージマップ
イメージマップのトップページへ

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110