理学部生物分子科学科

メニュー

卒業研究

ほとんどの4年生は卒業研究を履修します。3年生までに受講した多種多様な講義や実習を通して、しだいに自分の興味のある分野がはっきりしてきます。そして、さまざまな研究室の中から一つを選び、1年間かけてじっくりと研究に取り組みます。

卒業研究を行う1年間は、それまでの講義中心の学び方とは 全く異なるものです。一人一人が個々のテーマの下、担当教員とディスカションしながら新しい実験に取り組みます。そのため、これまで以上の積極性が要求されます。一つの課題に継続的に取り組む中で、専門的な知識や技術が身につくと同時に、論理的な思考力が培われます。

年度末には1年間の成果の集大成である卒業論文を作成します。研究全体を振り返ることで理解が深まると同時に、まとまる力が身につきます。最後は卒業論文発表会でしめくくります。自分の研究成果を効果的に伝えるためのプレテーション能力も要求されます。

1年間にわたる取り組みにより、学生は多くのことを吸収し、大きく成長してそれぞれの道に進んでいきます。卒業研究を通して得たものは、その場限りのものではなく、後々まで役立つ多くの要素を含んでいます。

お問い合わせ先

東邦大学 理学部

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部

【入試広報課】
TEL:047-472-0666

【学事課(教務)】
TEL:047-472-7208

【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1823

【学部長室】
TEL:047-472-7110