よくあるご質問

メニュー

物理学科 よくあるご質問

入試や学部・学科に関して皆さんからよく受ける質問をQ&Aでまとめました。

よくあるご質問をご覧になり、ご不明な点がございましたら以下のお問い合わせフォームよりご質問ください。また、お急ぎの場合やお問い合わせ先が明確な場合は、連絡先一覧から担当へ直接ご連絡ください。

よくあるご質問では、具体的事例を参考として掲載しています。状況や時期によって回答が異なる場合がありますので、詳細については各要項等を確認いただくか対応窓口に確認してください。

  • JABEEに認定されているのは「物理エンジニアコース」だけです。このため同コースでは、技術者教育に必須であると考えられる科目を必修科目、あるいは選択必修科目としています。また、明示された学習教育目標を達成できているかどうかを厳しく評価されます。このため、履修単位制限などもあって自由度は少なくなっています。また必ず4年間在籍しなくてはなりません。一方「物理ベーシックコース」は必修科目も比較的少なく、他学科の授業も卒業単位としてとることができます。早期卒業も可能です。もちろん「物理エンジニアコース」では必修あるいは選択必修として扱われている科目も取ることができますし、講義内容も同じです。

  • 大丈夫です。もちろん物理IIを履修していたほうがよいことはよいですが、やる気さえあれば、物理を高校で全く履修していなかったとしても大学で物理学を学ぶことは可能です。本学ではこのようなことにも対応するため「物理入門」という科目を1年次に用意していますのでそれを活用してください。また、物理系の各講義では前提となるような知識はないといってもよいと思います。高校で習う公式のようなものも改めて導出したりしますので心配は要りません。

  • 物理学を学んでいく上で数学は欠かせないものの一つです。物理学を楽しく学んでいけるように、苦手な原因がどこにあるかを自分自身で把握してしっかりとした基礎を身につけておきましょう。

  • それはないと思います。これまでにも教職課程をとりつつエンジニアコースの修了を成し遂げた学生は、何人もいます。もちろん授業は多いですが、挑戦してみてください。

  • ある意味でそのとおりです。共通基礎課程で既に関連科目が開講され必修科目も存在します。少しでも興味があれば、3年生の選択時に自由が利くように意識してください。また、高学年時で1年生の必修講義(エンジニアコース)を取ることができますが、時間割の関係で不可能なこともあります。また、1、2年次の物理学実験ではA評価(80点以上)がとれないと、3年生での「エンジニアコース」選択が不可能になってしまいます。

  • 各科目の評価自体が厳しくなることはありません。例えば、エンジニアコースのA君とベーシックコースのB君が同じ講義をとっていたとしても、A君とB君で評価基準が違うわけではありません。エンジニアコースの目標達成基準は別に定められていています。

  • 物理エンジニアコースから物理ベーシックコースへの移籍は、4年の開始時まで可能です。継続か移籍かの確認が学年の初めにありますので、そのときに意思を表明してください。なお、残念ながら、物理ベーシックコースから物理エンジニアコースへの移籍は認められていません。迷っている人は、物理エンジニアコースを選択しておいたほうが無難でしょう。

  • 学業に支障がない範囲でのアルバイトは可能です。実際に家庭教師や塾の講師などをしている学生さんも多くいます。その他コンビニなどでのバイトも多いようです。大事にことは、アルバイトが本業にならないようにするということです。時間を上手に使ってください。学生さんの中には、自宅から通っている学生さんでしたが、学費をすべてアルバイトと奨学金でまかなった人もいました。また、下宿生で、学費以外はすべて自分のアルバイトと奨学金でやりくりし、ちゃんと4年間で卒業した先輩もいます。
    また、各奨学金の情報もありますので、入学後、学生課の窓口や担任の先生などに尋ねてみてください。

  • 面接を柱として多角的な評価を行う入試です。一般的な入試では、大学側が問題を提示し、受験者が答案を作成する、という「一往復のやりとり」が評価の柱になりますので、答案に含まれない受験者の意図や思考過程などを評価に反映させることは困難です。これに対して、総合入試では、面接によってやりとりの往復回数を増やすことで、受験者の学力や学習意欲を多角的に評価することが可能になります。

    物理学科の場合、併願制・高大接続・専願制のいずれも高校数学に関する内容となります。

  • 大学で学ぶ物理では、微積分をはじめとする数学が不可欠となるからです。例えば、基本法則の意味を理解するのにも、それを応用するのにも数学が必要です。そこで総合入試では、高校数学の基礎的な内容に対する理解度を主な評価対象としています。

  • 「併願制」では、事前に公開された課題に対するレポートを提出していただきます。

    「高大接続」では、大学が準備したプレプログラムを受講していた
    だきます。「併願制」と「高大接続」の内容は部分的に関連していますので、両者を併せて準備することも可能です(「併願制」の判定結果を確認した後、「高大接続」に出願するかどうかを判断することができます)。

    「専願制」では、面接の前に、高校数学で履修した範囲内の基礎的な問題に対する回答を30分程度で作成していただきます。

    いずれも、面接に先立って準備を整えることができる形式です。

  •  「併願制」と「専願制」では、必須ではありません。説明会は、入試の趣旨や内容をよりよく理解して頂くための機会であり、出席の有無は試験の評価には全く影響ありません。

    「高大接続」では、説明会への出席とその後のエントリー手続きが必須です。

  • 「併願制」は、全く問題ありません。併願可能です。

    「高大接続」と「専願制」は、他大学の受験はできません。

  • 大学入試の合格はゴールではなくスタートですので、他の高校生と同等以上に勉強を続けることが、入学後に必ず役立ちます。勉強の方法などは本学科の教員にもご相談いただけます。入学前教育プログラム、スカラシップ制度なども用意していますので、ぜひ活用してください。