薬学部

メニュー

生化学教室

所属教員

スタッフ名 主な担当
髙橋良哉/教授 生化学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生命科学Ⅰ・Ⅱ、生化学実習、薬学総合講義Ⅳ
大寺恵子/助教 生化学実習

老化および老化関連疾患の発症とその制御

私達は老化速度に関わる要因(遺伝子、栄養など)を「モデル動物」を使用し研究しています。また、中高齢者の健康の維持・増進を意識した「食餌制限実験」を行っています。主な研究内容は以下の通りです。
 
研究内容
老化速度に関わる要因
・ 老化促進モデルマウス(SAM)の促進老化機構
・ 加齢に伴う遺伝子発現低下機構
・ 酸化傷害タンパク質蓄積
・ 鉄蓄積
 
中高齢期からの食餌制限の有益作用とリスク 
・ 腎機能(アルブミン尿症)改善機構
・ 加齢性筋肉減弱症(サルコぺニア)への影響
・ 異常タンパク質(酸化、糖化、脂質過酸化物修飾体など)の蓄積への影響
 
 詳しい内容は「生化学教室」研究室ホームページをご覧ください。

教員からのメッセージ

髙橋 良哉 教授
老化は、成熟期以後に時間の経過とともに個体の機能が徐々に失われ、遂に死に至るまでの過程です。近年、若い時の食事などの環境の影響が老化の進行や寿命に影響することが動物実験で知られるようになってきました。このことは、老化は決して年をとってからだけの問題ではないことを意味しています。老化は私達が考えているよりとても多様で複雑な現象です。未知なることが多い老化ですが、それ故にその魅力にひかれ長年に渡り老化研究を続けています。私達の研究成果が学術研究面のみならず、応用実践面においても社会に貢献できるよう今後も努力していきます。

〈卒業研究や大学院における研究活動〉

「老化および老化関連疾患の発症とその制御」を主テーマとした研究を行います。食事のカロリーや栄養素が、加齢に伴って異常化した酵素やタンパク質の組織蓄積に与える影響について、マウス、ラットを用いた基礎研究を行います。また、老化促進モデルマウスSAMP8系で見出した様々な遺伝子変異について老化促進現象やSAMP8系マウスの特性である学習記憶障害との様々な関係について研究を行います。

学生から見た研究室

学生から見た研究室

生化学教室では、まず研究の基礎となる知識を学び、関連する論文を読む等して実験に取り掛かるようです。高齢化が進んでいる社会において、老化は重要な研究テーマであると思います。いずれ薬剤師として社会に出て働く際に生かせるよう取り組みたいと思います。(5年 Y.K.)

「いつまでも若くいたい!」これは自分自身も含め、誰しも一度は思ったこと、考えたことがあると思います。この教室で沢山の知識を手に入れ、そしてその後で、学んだ事を実践してみて、いつかおばあちゃんになった時に「元気ハツラツで若々しいね」と言ってもらえるようになりたいです。(5年 H.I.)

人が生きていく上で老化は不可逆的な生命現象だと考えていましたが、それらの要因を研究し理解することで若返りが実現するかもしれないというところに興味を持ちました。
今後、より高齢化が進む日本で重要な鍵となるであろう老化について深く考えていき、また、健康寿命の延伸などに貢献できる研究をしていけたらと思います。(5年 Y.S.)

研究テーマである老化は、全ての人に起こる身近な話題であるため興味を持ちました。老化によって起こる身体の変化やスピードを抑えたり、予防したりする方法はあるのかなど多くのことを学んで行きたいです。日本は高齢化社会であるため、将来薬剤師として働く際に、研究を通して学んだことを生かせるように頑張りたいです。(5年 N.S.)

研究室の雰囲気は研究室ごとに様々ですが、この生化学教室は自由でゆったりとした空気感でとても気に入っています。研究室テーマも「老化」という私たちにとって1番身近なものなので、興味が湧きました。研究はまだこれからですが、この生化学教室で多くのことを学び、将来に役立てたいと思います。(5年 H.I.)

お問い合わせ先

東邦大学 薬学部

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1217
【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1226
【学部長室】
TEL:047-472-1205