薬学部

メニュー

卒業生からのメッセージ

大月 興春さん
東邦大学薬学部2020年3月卒業 
勤務先:東邦大学 薬学部 生薬学教室

・現在はどのような仕事をしていますか。

 私は東邦大学薬学部で教員として働いています。普段は所属する生薬学教室で薬用植物や漢方薬について研究しています。また、薬学部3年次に行われる生薬学実習に携わっており、実験やフィールドワークを通して学生の皆さんが楽しく生薬や漢方薬について学べるよう取り組んでいます。

・仕事のやりがいはどのようなことですか。

 やはり研究を行って良い結果が得られた時に一番やりがいを感じます。自分が今の研究が好きなので、卒業研究や実習で関わった学生さんが漢方や天然物化学に興味を持ってくれたり、研究が楽しいと思ってもらえたりするととても嬉しく感じます。

・東邦大学薬学部を志望した理由を教えてください。

 たくさん薬学部がある中で東邦大学薬学部を志望した最大の決め手は、オープンキャンパスで軟膏の調剤体験をした時に教えてくれた先輩がとても面白くて、「キラキラ」しているように見えたからです。当時の私にはその先輩がすごく生き生きしていて、楽しそうに見えたのだと思います。その時に、私もこの大学に入れば先輩と同じようにキラキラした人になれるのではないかと思い、東邦大学薬学部を志望しました。

・東邦大学薬学部での学びで印象に残っていることはありますか。

 自分も現在携わっている生薬学実習や薬理学実習、製剤学実習などの「実習」が私の中では最も印象に残っています。特に、薬理学実習では実験動物や摘出した組織に薬物を投与し、教科書で習った通りに動物や組織が反応したことに感動したのを覚えています。他にも基礎から臨床にわたって様々な科目の実習を行いましたが、どの実習でも教科書からは得られない驚きと発見があり、授業で学んだ知識への理解を深めることができました。

・薬学部をめざす高校生、受験生へメッセージをお願いします。

 目標をもって何かを目指すのはもちろん素晴らしいことですが、何かを目指すのに大それた理由は必ずしも必要ないと私は思います。きっかけは「なんとなく」でもいいと思います。私が薬学部を目指そうと思った理由は正直に言うと「理系科目が得意だからなんとなく」「母親に勧められたからなんとなく」です。それでも、東邦大学薬学部に入学してから自分が本当に好きなことに気づくことができて、実際にそれを仕事にすることができました。皆さんの可能性はまだまだ無限大です。薬学部で十分に自分の「好き」「やりたいこと」を見つけてください。応援しています!
お問い合わせ先

東邦大学 薬学部

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1217
【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1226
【学部長室】
TEL:047-472-1205