薬学部

メニュー

国際交流

海外実務実習

− 国際的な視野をもった薬剤師・創薬専門家となるために –

 『海外実務実習』は、海外での薬剤師の在り方や役割について、現地での体験を通して学ぶことのできるプログラムです。2015年度から実施している米国テキサス州Scott & White 記念病院・同小児病院における見学実習に加え、2017年度からはポーランド グダンスク医科大学付属病院での実習も可能になりました。

 この実習は、参加者それぞれが独自のテーマを設定し準備学習を進める「プレ実習プログラム」、2週間にわたる「現地実習」、帰国後に実習内容やテーマごとのリサーチ結果につき振り返りを行う「ポスト実習プログラム」で構成されています。現地では、薬剤師の専門性が必要とされる多くの領域で積極的に学ぶだけでなく、プライベートでも指導者の先生やその家族、現地の学生と共に過ごす中で忘れ得ぬ楽しい思い出ができたようです。例年、報告会では、自信に満ちた参加者の発表を受け、教員や後輩たちから多くの質問やコメントが寄せられています。

ウエスタン大学研修

 春期休暇中に約2週間、アメリカのカリフォルニア州にあるウエスタン大学(Western University of Health Sciences)を訪問し、アメリカの医療や薬剤師などについて学びます。研修では、大学での講義、病院見学、薬局見学、参加学生による発表、薬学生との交流などを行います。このプログラムは2017年度からスタートし、初回は合計12名の学生が参加しました。

中国瀋陽薬科大学との短期国際交流プログラム

 このプログラムは2010年からスタートし、年2回行われています。一回目(8月)は、東邦大学薬学部の2, 3年生の学生が瀋陽薬科大学を訪問し、二回目(2月)は、瀋陽薬科大学の学生が東邦大学を訪問します。それぞれ一週間の間、文化交流、大学見学、薬局見学、製薬企業見学などを行います。両国の学生同士が互いのお世話をすることで、活きた国際交流を体験できます。

北米研修旅行

 春期休暇中の約2週間を利用した北米研修旅行に参加することができます。この研修旅行は、鶴風会(薬学部同窓会)によって企画され、広い視野を持つ学生を支援する目的で行われています。
同行する教員と共に旅をしながら、アメリカ、カナダの文化を肌で感じ、海外の薬学事情を学び、現地の学生との交流を図ります。学生時代にしかできない貴重な体験になることと思います。
(2015年度まではヨーロッパを訪問していましたが、2017年度より北米方面に変更となりました。)

NEWS & EVENTS

実用薬学英語担当Dr. Martinの来日とランチセッションの報告

2019年5月15日、実用薬学英語・海外実務実習などでご支援・ご協力をいただいているBayer Scott & White記念病院(米国テキサス州)元薬剤部長のDr. Martinをお招きしてランチセッションが行われました。このセッションには、実用薬学英語の本年度履修生に加え、昨年度海外実務実習で上記病院を訪れた学生など総勢33名が参加し、“CARE Program - Pairing Pharmacy Students with Elderly People” というテーマのもと、活発な意見交換が行われました。また、ランチを囲んでのフリーセッションでは、ご婦人のMs. Martinも加わり、楽しい会話に花が咲きました。

さくらサイエンスプラン:モンゴル国立大学の学生受け入れ

2018年2月、本学薬学部微生物学教室において、モンゴル国立大学の学生6名と教員1名を受け入れました。これは、科学技術振興機構が日本とアジアの科学分野での交流を深める目的で実施している「さくらサイエンスプラン」で行われ、1週間の滞在中、本学薬学部施設や隣接の製薬会社、科学博物館の見学、ならびに本学の学生との交流を図りました。

東邦大学の国際交流センター

東邦大学全体の国際交流についてご紹介します。
お問い合わせ先

東邦大学 薬学部

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部
【入試広報課】
TEL:047-472-0666
【学事課(教務)】
TEL:047-472-1217
【キャリアセンター(就職)】
TEL:047-472-1226
【学部長室】
TEL:047-472-1205