看護学部

メニュー

社会疫学研究室(Department of Epidemiologic Research)

所属教員

研究室紹介

疫学は、人間集団に発生分布する健康問題を観察して、その原因を究明し、解決を図る方法論です。健康問題の原因は、遺伝子から細胞、個人、家族、地域、社会、地球規模まで様々なレベルに存在しますが、当研究室では個人から社会のレベルにフォーカスし、「人々の健やかな生活に役立つ研究」を進めています。

主な研究内容

  • 小児の健康と睡眠
  • 女性の長期的な健康管理
  • 競合リスク分析に基づく予後予測ツールの開発

最近の研究

刊行論文

  • Wada H, Kimura M, Tajima T, Sakamoto N, et al. Nocturnal enuresis and sleep disordered breathing in primary school children: Potential implications. Pediatr Pulmonol. 2018;53(11):1541-1548.
  • Shen W, Sakamoto N, Yang L. Cause-specific mortality prediction model for patients with basaloid squamous cell carcinomas of the head and neck: a competing risk analysis. J Cancer. 2018;9(21):4009-4017.
  • Fukui A, Nakayama M, Sakamoto N, et al. Relation between globus pharyngeus and OSA in patients examined simultaneously by PSG and pH monitor: A cross sectional study. Auris Nasus Larynx. 2018;45(5):1033-40.
  • Mito A, Arata N, Qiu D, Sakamoto N, et al. Hypertensive disorders of pregnancy: a strong risk factor for subsequent hypertension 5 years after delivery. Hypertens Res. 2018;41(2):141-146.

授業の紹介

社会疫学研究室は、「現象を情報化し、論理的に整理し、価値ある情報を提示する」能力を養う授業を担当しています。学部では、各学年でステップアップを図ります。
授業科目と内容の対応を示した図

卒業研究のテーマ

2018年度

  • 看護学生における月経前症候群(PMS)が及ぼす睡眠への影響
  • 看護学生の生活習慣に関連した睡眠不足と授業中の居眠りの関係性
  • 看護大学生の講義中における居眠りの要因

2017年度

  • 看護学生の時間管理尺度と時間管理、心理的ストレスに影響を与える意識・行動に関する研究
  • 看護女子学生のコンタクト使用状況と眼障害の実態
  • 看護学生の睡眠の質に対する実態

2016年度

  • 美容脱毛が皮膚に及ぼす影響と実態について
  • 大学生の運動習慣の実態について
  • 看護師の海外・外国人に関するイメージと外国人患者に抱く感情
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881