看護学部

メニュー

社会疫学研究室(Department of Epidemiologic Research)

所属教員

研究室紹介

疫学は、人間集団に発生分布する健康問題を観察して、その原因を究明し、解決を図る方法論です。健康問題の原因は、遺伝子から細胞、個人、家族、地域、社会、地球規模まで様々なレベルに存在しますが、当研究室では個人から社会のレベルにフォーカスし、「人々の健やかな生活に役立つ研究」を進めています。

主な研究内容

  • 小児の健康と睡眠
  • 女性の長期的な健康管理
  • 競合リスク分析に基づく予後予測ツールの開発

最近の研究

  • Fukui A, Nakayama M, Sakamoto N, et al. Relation between globus pharyngeus and OSA in patients examined simultaneously by PSG and pH monitor: A cross sectional study. Auris Nasus Larynx. 2018 (in press)
  • Mito A, Arata N, Qiu D, Sakamoto N, et al. Hypertensive disorders of pregnancy: a strong risk factor for subsequent hypertension 5 years after delivery. Hypertens Res. 2018;41(2):141-146.
  • Shen W, Sakamoto N, Yang L. Prognostic models and nomograms for predicting survival of patients with maxillary sinus carcinomas. Int Forum Allergy Rhinol. 2017 Jul;7(7):741-748.
  • Shen W, Sakamoto N, Yang L. Model to Predict Cause-Specific Mortality in Patients with Head and Neck Adenoid Cystic Carcinoma: A Competing Risk Analysis. Ann Surg Oncol. 2017 Aug;24(8):2129-2136.
  • Sakamoto N, et al. Sleep duration, snoring prevalence, obesity, and behavioral problems in a large cohort of primary school students in Japan. SLEEP. 2017 Mar 1;40(3).

授業の紹介

社会疫学研究室は、「現象を情報化し、論理的に整理し、価値ある情報を提示する」能力を養う授業を担当しています。学部では、各学年でステップアップを図ります。
授業科目と内容の対応を示した図

卒業研究のテーマ

2017年度

  • 看護学生の時間管理尺度と時間管理、心理的ストレスに影響を与える意識・行動に関する研究
  • 看護女子学生のコンタクト使用状況と眼障害の実態
  • 看護学生の睡眠の質に対する実態

2016年度

  • 美容脱毛が皮膚に及ぼす影響と実態について
  • 大学生の運動習慣の実態について
  • 看護師の海外・外国人に関するイメージと外国人患者に抱く感情
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881