看護学部

メニュー

精神看護学研究室(Department of Mental Health Nursing)

所属教員

研究室紹介

精神看護学研究室は、「こころの健康」に関連する講義、演習、実習を担当しています。
精神看護学は、こころの健康を維持したり、こころの健康問題や病を持った人の回復を支援する方法を考え実践する分野です。
社会情勢の動向に目を向け、病院・学校・職場・地域という様々な場で生活する人々のこころの健康の保持・増進について考えます。また、こころの問題を抱える人々が社会的資源を活用しながら、本来の生活のあり様やその人らしさを取り戻せるよう援助することを探求します。
スタッフは、精神科看護に留まらず、コミュニケーションや学校教育、臨床現場における課題など多彩なテーマに取り組んでおり、アットホームな雰囲気の中で、協力し合ってそれぞれの研究に取り組んでいます。

授業の紹介

「こころ」や「こころの健康」について学び、精神医療の歴史的背景を振り返りながら、自らの障害者観(障害に対する見方・考え方)を明らかにします。精神看護を実践するために知っておくべき精神疾患や精神障害者に関する知識を深め、精神看護学が展開される家庭、学校、職場、地域、医療機関などの場における精神看護の役割や機能について学びます。

実習の紹介

3年生の精神看護学実習では、精神科病棟と地域支援施設などで実習をします。
精神科病棟の実習では、患者様を受け持ち、その方の精神症状だけではなく、生活するうえで支障をきたす課題などに焦点をあてた看護実践を考えます。また、病院デイケア、地域活動支援センター、就労支援施設などの実習では、精神障害者の地域への移行支援を学びます。4年生の統合実習では、より専門性の高い精神看護を学ぶ機会として、リエゾン精神看護師や認定看護師の同行実習、アルコール依存症専門治療病棟での実習を行います。

卒業研究のテーマ

平成29年度卒業研究論文

  • 産後うつ病に対する妻と夫の捉え方
  • 看護師が捉えた摂食障害の子と親の関係性とその看護について
  • せん妄患者への身体抑制時に生じる心理的葛藤の現状
    −ケアガイドライン使用状況との関連から−
  • 基礎実習でデイケア・社会復帰施設実習を経験した学生の精神障害者観に対する気づき
  • 私立中高一貫校教員の発達障害に対する認識と対応の現状
  • 大学生のSNS疲れに関する研究
  • 看護学生の死生観や自死に対する意識調査
  • 精神看護学実習における看護学生の自己成長感の内容

平成28年度卒業研究論文

  • 発達障害者の家族を対象とした研究に関する文献検討
  • 精神科疾患を持つ患者の治療中断予防への効果的な支援
  • 私立中学校教員が考える精神疾患理解教育のあり方とその課題
  • 産後うつ病のイメージと支援の実態 – 経産婦の語りの分析 –
  • 職業的救援者の惨事ストレス対策の現状と支援
  • 性同一性障害に対する看護師の意識
  • 動画共有サイトにおける統合失調症に対する偏見軽減の可能性の検討
  • 大学生におけるギャンブルに対する意識調査
精神看護学では、すべての看護の基盤になる患者‐看護師関係について、じっくり考えます。さまざまな実習を体験し、看護師としての自分に磨きをかけましょう。
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881