看護学部

メニュー

草柳 かほる/講師

氏名

草柳 かほる(Kusayanagi Kahoru)[修士(経営学)]

専門分野

  • 基礎看護学
  • 看護職生涯発達学
  • 看護管理学
  • 手術看護
  • キャリアデザイン学

担当科目

学部

  • 看護学概論
  • 基礎看護学Ⅰ
  • 基礎看護学Ⅱ
  • 基礎看護学Ⅲ
  • 基礎看護学Ⅳ
  • 看護管理学
  • 看護学基礎実習
  • 基礎看護学実習
  • 臨床実践の統合
  • 卒業研究

研究課題・テーマ

  • 働く場を移動した看護職のキャリア支援とキャリア開発の再構築について
  • ある地域で働く看護職のキャリアパスと地域コミットメントの関連性
  • 手術看護師のキャリアに関する研究

研究内容

私は、生涯働き続けられる看護職のキャリア形成や働き方に興味を持っています。主な研究の目的は、働く場を移動(転職・異動・復職)した看護職の看護実践能力の融合メカニズムを解明し、潜在看護師を含む人材の臨床実践能力再開発支援プログラムの指標を提案し、生涯働き続けられる看護職のキャリア形成支援および医療改革の促進に貢献したいと思っています。また、ある地域で働く看護職のキャリアパスの実態を明らかにし、地域コミットメントとの関連性を探ることで、これからの地域医療のあり方に伴う看護職の働き方や人材確保の方法への示唆を得ることができると考えています。

主な論文・著書

【著書】
  • 人材育成学会編(2019):人材育成ガイドブック,(担当部分:p548,p,633,p668),金子書房
  • 草柳かほる,山口紀子,峯川美弥子編(2019):ナーシング・プロフェッション・シリーズ 手術看護 術前術後をつなげる術中看護 第2版,医歯薬出版株式会社
  • 草柳かほる,原美鈴,八幡成美編(2017):迷ったら必見! ナースキャリア 事例でわかる看護職の働き方ガイド,東京医学社(担当部分:序章、看護師の業務拡大p58)
  • 土藏愛子,草柳かほる編(2014):こころに寄り添う手術看護−周術期患者・家族の心理とケア,医歯薬出版株式会社(執筆担当部分:はじめに,p3,pp41-58)
  • 草柳かほる,久保田由美子,峯川美弥子編(2011):ナーシング・プロフェッション・シリーズ 手術室看護 術前術後をつなげる術中看護,医歯薬出版株式会社(執筆担当部分:ppⅲ,pp263-275)
  • 加藤美智子,片桐康雄,片桐展子他(2008):ナーシングカレッジ臨時増刊号 2009年看護師国家試験最新予想必修問題,医学芸術社(担当部分:pp43-46,pp65-66)
  • 加藤美智子,石綿啓子,片桐展子他(2007):ナーシングカレッジ臨時増刊号 2008年看護師国家試験必修問題まるごと対策,医学芸術社(担当部分pp110-112)
  • 冨田年郎, 草柳かほる監修(2008):ひと目でわかる!急変対応ハンドブック,西東社
  • 草柳かほる監修(2007):領域別看護・医療現場の用語・略語辞典,西東社
【学術論文、報告書】
  1. 草柳かほる,原美鈴(2019):掛川市周辺に勤務する看護職のキャリアパスの実態調査—地域住民の健康を守る看護職と地域コミットメントの関係性—,平成30年度掛川市健康調査報告書,p1-10
  2. 山本千恵, 石橋まゆみ, 草柳かほる他(2018):術前外来プロジェクト報告 医療施設における術前外来実施状況と手術中止の実態調査,日本手術看護学会誌,14(1),49-53
  3. 草柳かほる(2014):看護専門学校に働く看護教員のキャリアに影響する要因—外的・内的キャリアと就業継続意思との関連性—,東京女子医科大学看護学会誌9(1),pp39-47
  4. 佐藤紀子,坂本倫美,草柳かほる他(2014):看護職キャリア開発支援センターニーズ調査報告書(第1回)学校法人東京女子医科大学男女共同参画推進局看護職キャリア開発センター,全28頁
  5. 草柳かほる(2011):看護専門学校教員のキャリア形成に関する文献検討,東京女子医科大学看護学会誌6(1),pp15-21
【解説、その他】
  1. 草柳かほる(2013):理論を知って実践に生かす! 手術室の問題解決ナビ: 特定要因図 (フィッシュボーン) ,OPE nursing,28(9), pp980-983,メディカ出版
  2. 草柳かほる(2011):今さら聞けない手術看護Q&A 手術看護認定看護師,5(3),44-48,実践安全手術看護
  3. 草柳かほる(2010)自分流 中堅・主任からのキャリアの磨き方・輝かせ方 看護師としてのこれからに悩んでいるあなたへ~あなた自身が目指す道の見つけ方,主任&中堅+こころサポート,19(5),pp64-68,日総研
  4. 草柳かほる,中島 充代(2008):逃げたい,辞めたい,気力がない時の気持ちの持ち方・高め方 ナースの駆け込み相談所,主任&中堅,18(1),pp50-55,日総研(担当部分:担当部分抽出不能)
  5. 草柳かほる(2007):あなたができるキャリア開発:産労総合研究所,看護部マネジメント,12(250),pp6-15
  6. 草柳かほる(2002):患者の視点に立ったロールプレイイングの学習効果;患者の立場と看護者の立場で考える気づきの違い:日本看護協会看護学会,看護教育,32,182-184
  7. (草柳かほる)(2007):Nursing Eye ネットコミュニティで育つ看護教員たち,看護教育,48(6),pp520-522,医学書院
  8. 草柳かほる(2007):特集1ちょっと待て!辞めたくなった時に考えさせること「辞めたい…」へのメッセージ,こころのマネジメント,10(2),pp15-22日総研
  9. 草柳かほる(2015~2018)ガルボ先生の人材育成が楽しくなるヒント
    第1回「人材育成とかキャリアとか」12(5),110-111,第2回「スペシャリストに共通する"壁"と成長のきっかけ」12(6),100-101,第3回「ますます長くなる職業生活に必要となるものは?」13(1),108-109,第4回「教える側に試される『待つ力』とその魅力」13(2),112-113,第5回「ワーク・ライフ・バランス」の正しい意味と伝え方」13(3),109-111,第6回「スタッフの"やる気”になる時間を保つ方法」13(6),110-111,第7回 キャリアカウンセラーとしての視点と話の聴き方14(2),120-122,第8回 看護研究のお作法part114(3),126-129、第9回 ナラティブを書くのはなぜですか?14(5),113-115,第10回 転機は密かに訪れているかも?,15(1),126-128,看護人材育成
【学会発表】
  1. 草柳かほる,原美鈴,多久和善子,山口紀子,菊池麻由美他(2018):職場を移動した看護職への組織的なキャリア開発支援と能力再開発の方法を探る,第22回日本看護管理学会学術集会
  2. 草柳かほる, 原美鈴, 山岸紀子、新良啓子、久保貴三子、長沢美智子、岡本恵子(2017):既卒者の強みを活かす採用-職務経歴書の活用に向けて,第21回日本看護管理学会学術集会
  3. 草柳かほる, 山口紀子, 多久和善子,佐藤紀子, 若林留美, 末永きよみ(2016):認定看護師教育のこれから-17,000人を超えた今、認定看護師への新たな役割と期待- 日本看護学教育学会,第26回学術集会
  4. 山本千恵,石橋まゆみ,三枝典子,平野博美,草柳かほる,上野正文,石原百合子, 菊池京子,井草ひろみ(2015):患者サポートシステムの在り方-手術室看護師が行う術前外来からの発信- ,第19回日本看護管理学会学術集会
  5. 草柳かほる(2015):手術室看護師の職務満足と臨床実践能力成長感への影響因子-専門職の働く場の移動経験と移動パターンの違いに注目して-,人材育成学会第13回年次大会
  6. Sumie Yoshida, Noriko Sato,Kahoru Kusayanagi, Yamauchi Hideki (2014):Original Subjects Career Development for Baccalaureate Nursing Students International Celebration Conference of 110 Years Contributions of Nursing Education of Ewha Womans University in Korea 'Innovative Program for Nursing Education to Enhance Global Health',p147
  7. Kahoru Kusayanagi, Yamauchi Hideki, Sumie Yoshida, Noriko, Sato (2014):Outcomes of a Certified Nursing Education Program: Learning Process of a Six-Month Continuing Education Program in Perioperative and Dialysis Nursing,International Celebration Conference of 110 Years Contributions of Nursing Education of Ewha Womans University in Korea 'Innovative Program for Nursing Education to Enhance Global Health',p153
  8. 草柳かほる, 原美鈴,石田佐地子, 小元まき子, 佐藤京子, 鈴木朋子,西川瑞希, 野村陽子, 宮本郁子, 森俊昭,保田江美,八幡成美(2014):越境学習での学びの経験 -関連領域からみえた看護-日本看護学教育学会,第24回学術集会講演集,p92
  9. 原美鈴, 草柳かほる(2013):キャリアの変化を乗り越えるための支援—転機にある看護職のためのキャリアセミナー開催の試み— 第44回日本看護学会−看護教育−学術集会抄録集,p34
  10. Hara Misuzu, Kusayanagi Kahoru(2013): Challenge to Support Nurses' Lifelong Career -a Report of Career Counseling for Nurses by Nurse Career Counselors,3rd World Academy of Nursing Science
  11. 草柳かほる, 佐藤紀子, 坂本倫美, 江畑典子, 木所篤子, 川崎敬子, 川野良子(2013):A大学病院で働く看護職ニーズ調査の結果報告~看護職キャリア開発支援センターの支援充実のために~ ,東京女子医科大学看護学会第9回学術集会抄録集,p41
  12. 土藏愛子, 佐藤紀子, 菊地京子, 草柳かほる,坂本文子, 中村裕美(2013):看護基礎教育の急性期実習における手術室実習—現場のニーズを反映した急性期実習のために— ,日本看護学教育学会第23回学術集会講演集,p134
  13. 山岸紀子,久保貴三子,長沢美智子,草柳かほる(2013):地域中核病院での人材育成—多職種でのワークショップ「指導者としての教育的アプローチ」の報告—,第17回日本看護管理学会年次大会講演抄録集,p141
  14. 草柳かほる,原美鈴(2013):看護職として生涯働くための支援 − 看護職のためのキャリアセミナーの取り組み-,第17回日本看護管理学会年次大会講演抄録集,p143
  15. Kahoru Kusayanagi(2012): REPORT ON PRACTICE OF AN INSTITUTION TRAINING PERIOPERATIVE NURSING SPECIALISTS IN JAPAN, The 3rd ASIORNA Conference 2012 & 5th ASIAN Perioperative Nursing Leadership Forum,p108
  16. 草柳かほる,原美鈴,川野良子他(2012):看護職として生涯働くための支援 − 看護職キャリア開発支援センターにおけるキャリアカウンセリングの実践と課題,第16回日本看護管理学会年次大会講演抄録集,p249
  17. 草柳かほる(2009):看護教員のキャリア形成に影響するコミットメントの対象-専門性の認識と就業継続意思との関連性から考える,日本労務学会第39回全国大会研修報告論集
  18. 草柳かほる(2009):看護教員のキャリアを支えるもの 看護実践力認知と就業継続意思との関連性(看護専門学校教員の場合),日本看護学教育学会第19回学術集会講演集,p171
  19. 草柳かほる(2003):患者体験に視点を置いたロールプレイの効果;「了解不能」と「受容・共感」を理解するために,第35回中国四国九州看護学校協議会教員研究集録,pp48-53
  20. 草柳かほる(2002):患者の視点に立ったロールプレイイングの学習効果;患者の立場と看護者の立場で考える気づきの違い,日本看護協会,第32回日本看護学会抄録集 看護教育,p95

入学を検討している学生さんへ

看護は、あらゆる人々、様々な場で、形を変えながら生涯活躍できる職業です。
専門職であるだけでなく、人として成長できる素敵な仕事です。
どんな未来が見えてくるのか、最初の一歩を一緒に踏み出してみませんか?

お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881