看護学部

メニュー

富岡 由美/准教授

氏名

富岡 由美/准教授(YUMI TOMIOKA)[博士(工学)]

専門分野

  • 助産学
  • 母性看護学

担当科目

学部

  • 母性看護学Ⅱ
  • 統合実習
  • 母性看護学実習
  • 卒業研究

大学院博士前期課程(修士課程)

  • 性・生殖看護学特論Ⅱ
  • 性・生殖看護学演習Ⅰ・Ⅱ
  • 実践助産学特論
  • 実践助産学演習
  • 助産学特論Ⅰ
  • 助産学特論Ⅱ
  • 助産学特論Ⅲ
  • 助産学特論Ⅵ
  • 助産学演習Ⅰ・Ⅱ
  • 助産学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

研究課題・テーマ

  • 育児期の女性の健康状態と居住環境との関連性についての研究(平成26年度~平成29年度 科研費(基盤C)
  • 居住環境が女性の健康状態に与える影響について-ホルモン動態を中心に-(平成30年~平成33年度 科研費(基盤C)

研究内容

これまでの研究より、家の間取り、広さ、地域環境、暮らし方などの居住環境が、そこに暮らす人達の健康に影響を与えることが明らかになっています。そこで私は、育児をしながら多くの時間を家で過ごす母親に注目をして、居住環境と母親の健康状態との関連性を研究しています。家の広さは人の心身の健康によい影響を与えると思われがちですが、育児中の母親にはダメージを与えている可能性が示唆されました。特に部屋数が多くなるほど健康にはよくない結果となりました。原因はさまざま考えられますが、一つは家の中での動線の長さが影響していると予測でき、現在は家での母親の活動量(歩数やエネルギー消費量)と健康状態との関連性について研究をすすめています。育児をする母親にとって“良い環境とは”、“よい家とは”何か?を追求し、より幸せな気持ちで育児ができる環境を提案することが私の夢です。

主な論文・著書

刊行論文

  1. 富岡由美, 鈴木義弘(2011):居住環境が育児期の女性の健康に与える影響に関する研究,都市住宅学会誌,Vol.72,95-100
  2. 富岡由美,鈴木義弘(2012):居住環境と妊娠期から育児期の女性の精神健康状態の関連性について,都市住宅学会誌,Vol.79,150-157
  3. 東園子,富岡由美,齋藤益子(2016):女子大学生が持つ「妊孕性」に対する認識—基礎体温測定の実施を試みて,日本生殖心理学会誌,Vol.2号(1),35-42
  4. Tomioka.Y., Saito.M, Kimura.Y.(2016):The Current Status of Junior High School Students’ Expectation for Sex Education and their Knowledge on the Reproductive Function,Journal of Reproductive Psychology.,Vol.2 No.1,27-34
  5. 富岡由美,東園子,齋藤益子,(2016):看護学生のジェンダー・タイプと女性性に対する認識と知識について,日本生殖心理学会誌,Vol.2 No2,10-17
  6. 富岡由美,志村智絵,、齋藤益子(2017):統合実習における母性看護学領域の実践報告-中学校における学校保健実習について-,帝京科学大学紀要,Vol.13,259-263
  7. 糸井和佳 森實詩乃 方波見柳子 富岡由美他:看護師過程における看護実践能力の育成を目指した臨地実習の課題-実習指導者連絡会を通して,帝京科学大学紀要,Vol.13

学会発表

  1. 富岡由美,齋藤益子,牧野章予,他(2015):中学生の性教育への期待と生殖機能の知識の現状について,日本性感染症学会第28回学術大会,Vol26(2),85
  2. Tomioka Y., Honda Y., Saito M., et al.(2015):Body Composition Change Triggered by Maternity Swimming in Japan.The ICM Asia Pacific Regional Conference(Yokohama),212
  3. Tomioka Y.,Kenyon M.,Yamazaki K.,et al.(2015):State of Graduate School Exercise Programs for Midwifery Education for Developing Professional Skills at Toho University.,The ICM Asia Pacific Regional Conference(Yokohama),329
  4. Yamazaki K.,Matsunaga Y.,Tomioka Y., et al.(2015):State of Graduate School Advanced Practicum for Midwifery Edeucation for Developing professionalSkills at Toho University.,The ICM Asia Pacific Regional Conference(Yokohama),330
  5. Matsunaga Y.,Tomioka Y., Kenyon M.,et al.(2015):State of Under Graduate school Training for Midwifery Education for Developing Professional Skills at Toho University.,The ICM Asia Pacific Regional Conference(Yokohama)
  6. Tomioka Y., Azuma S., Saito M.(2017):Study on the Japanese female students’fertility2: Relationship between the gender types and the students’knowledge and awareness on fertility.,31st ICM Triennial Congress.( TORONT,CANADA),22
  7. Azuma S.,Tomioka Y.,Saito M.(2017):Study on the Japanese female students’fertility1:Knowledge and awareness on“fertility”of nursing students.,31st ICM Triennial Congress.( TORONT,CANADA),22

書籍(分担執筆、編集)

  1. 性の健康と相談のためのガイドブック(2014),中央法規,東京,135
  2. 助産師国家試験予想問題集 2015(2014),クオリティケア,東京,分娩期)(P90-140)
  3. 助産師国家試験予想問題集 2016(2015),クオリティケア,東京,分娩期)(P100-147)
  4. 助産師国家試験予想問題集 2017(2016),クオリティケア,東京,分娩期)(P110-150)

入学を検討している学生さんへ

学生生活では、自分の学びの目標を設定し自己の成長を自分で感じられることが大切だと思っています。立てた目標を自分の力で達成していく自分なりの方法を在学中に見つけてみてください。それは学習の方法だったり、よい友人関係を築く方法だったり・・多くの目標の中で学生生活を送り、多くの自分なりの達成方法、解決方法を見つけてください。皆さんとは母性看護学や助産課程でお会いすることになると思います。どちらも女性とその家族の心身の健康と幸せについて学ぶ講座です。皆さんと一緒に有意義な時間を過ごせることを楽しみにしています。

お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881