看護学部

メニュー

中田 かおり/講師

氏名

中田 かおり(NAKADA KAORI)[博士(看護学)]

専門分野

  • 助産学
  • 母性看護学
  • 性・生殖看護学

担当科目

学部

  • 母性看護学Ⅱ
  • 臨地実習(母性看護学)
  • 統合実習(母性看護学)

大学院

  • 性・生殖看護学特論
  • 性・生殖看護学演習Ⅰ
  • 性・生殖看護学演習Ⅱ
  • 助産学特論Ⅳ
  • 助産学実習Ⅰ
  • 助産学実習Ⅱ
  • 助産学実習Ⅲ
  • 助産学課題実習

研究課題・テーマ

  • 母乳育児の継続と母親のセルフ・エフィカシー
  • 働く女性が母乳育児を継続した体験
  • 働く女性の母乳育児継続プログラムの開発

研究内容

 私は子育て中、「おっぱいはいつまで続けていいのかな?」と疑問に感じていました。そんな時、母乳を2年以上続けることをWHOが推奨していることを知りました。と同時に、母乳育児に関する基本的な情報が一般に広く知れ渡っていないことに気づいたのです。そこで、母乳育児に関する適切な情報を女性たちに伝え、自分自身で母乳を続ける、続けないという選択をしてほしいという思いが芽生えました。これが研究を始めたきっかけです。
 修士課程では母乳育児の継続要因とセルフ・エフィカシーとの関連を研究しました。博士課程では、仕事復帰時に母乳をやめる女性が多いことから、働く女性に対するプログラムを開発しました。母乳育児はその後に続く子育ての始まりです。母親たちが自信をもって自分らしく子育てをしていくサポートをしていきたいと思っています。

主な論文・著書

【博士論文】
  • 仕事復帰後の母乳育児継続を目的とした出産後の女性に対するプログラムの評価
【修士論文】
  • 母乳育児の継続に影響する要因と母親のセルフ・エフィカシーとの関連
【刊行論文】
  • 中田かおり,片岡弥恵子(2018).出産後に仕事へ復帰した女性が働きながら母乳育児を継続した体験. 日本助産学会, 32(1), 45-59.
  • 中田かおり(2015),日本語版母乳育児継続の自己効力感尺度(The Japanese-Breastfeeding Personal Efficacy Beliefs Inventory)の開発と信頼性・妥当性の検討. 日本助産学会, 29(2), 262-271.
  • 彦根倫子,古塩節子,小野聡枝,青木壽子,中田かおり(2013).神奈川県における乳幼児揺さぶられ症候群の予防の取り組み-正しい知識の普及と予防プログラム展開の歩み- . 子どもの虐待とネグレクト. 15(2), 182-187.
  • 中田かおり,母乳育児の継続に影響する要因と母親のセルフ・エフィカシーとの関連(2008). 日本助産学会, 22(2), 208-221.
【著書】
  • 見藤隆子,小玉香津子,菱沼典子総編集.看護学辞典 第2版.日本看護協会出版会.2011(分担執筆)
【学会発表】
  • 中田かおり.働きながら母乳育児を継続した女性の体験.第31回日本助産学会.2017
  • 中田かおり,彦根倫子.乳幼児揺さぶられ症候群の予防に焦点をあてた保健・医療・福祉職のための研修プログラムの評価.第15回日本子ども虐待防止学会学術集会.2009

入学を検討している学生さんへ

 女性は、妊娠や出産、子育てをするにあたり、喜びと同時に多くの不安を抱えていることがあります。けれども、女性はもちろん、泣くことしかできないと思われがちな赤ちゃんも、実はとても大きな力を秘めた存在なのです。助産師が女性と赤ちゃんの力を信じ、引き出し、適切なサポートをすることで、女性は母として成長し、赤ちゃんは健やかに成長していきます。そのためには、助産師には幅広い知識と技術、豊かな感性が必要です。
 女性と赤ちゃんのケアに興味がある方、一緒に助産について学んでみませんか。

お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881