看護学部

メニュー

稲垣 朱美/助教

氏名

稲垣 朱美(INAGAKI Akemi)修士(看護学)

専門分野

  • がん看護学

担当科目

学部

  • 看護学基礎実習
  • 基礎看護学実習
  • 臨床実践への統合(がん看護学)
  • 統合実習(がん看護学)
  • 卒業研究
  • がん看護学Ⅰ・Ⅱ

研究課題・テーマ

  • 婦人科がん患者に関する研究
  • がんと診断された患者の心理的変化に関する研究

研究内容

現在、2人に1人ががんに罹患する日本では、医療の進歩に伴い、がん患者の治療遂行率も向上し、5年相対生存率も向上しています。その一方で、がんと診断され、治療を受けることで変化する身体機能に心理面が追い付かずに苦悩しているがん患者が多く存在しています。がんと診断され治療を受けた後も、新たな希望を見出し、社会の中で生活することができるようなシステムや支援体制を構築することのできる研究をしていきたいと考えています。

主な論文・著書

【学会発表】
  1. 稲垣朱美,川西千惠美:婦人科がんサバイバーが必要とした情報の治療時期による差異と影響要因,第31回日本がん看護学会学術集会(高知県),2017.3.2.

入学を検討している学生さんへ

看護には人の生活だけでなく、人生を支援することができる力を秘めていると思っています。その基盤となる看護学を学ぶことに加え、人として、大切な感受性を豊かにすることのできる環境がこの大学には備わっています。ぜひ一緒に学びませんか?

お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881