看護学部

メニュー

成人看護学研究室(Department of Adult Health Nursing)

所属教員

研究室紹介

成人期はライフサイクルの中で最も長く幅広い時期であり、社会の中核的役割を担っています。
成人看護学では、あらゆる健康レベル(健康の保持・増進、疾病・症状の治療期(急性期・慢性期)、健康や生活の再構築など)の人を対象とした、幅広い看護の考え方や援助方法について学ぶ学問です。
中でも、「病を持ちながら生活する人」に焦点を当て、看護を学んでいきます。

担当する授業科目

成人看護学概論(1年次)

成人期にある人の身体的・心理的・社会的な特徴、発達課題、特有な健康問題について理解することを目指します。また、健康レベルに応じた援助、健康問題の解決を助ける教育的関わり、臨床看護実践における倫理など、成人看護の重要な概念や諸理論を学習します。
講義中のワークの様子

講義中のワークの様子

成人看護学Ⅰ(2年次)

急性期・周術期の健康問題をもつ成人へ看護を実践するために、急激な健康障害の発症により、生命の危機状態にある対象者を理解し、回復や生活の再構築を促す看護援助方法について学習します。
学びの共有の発表

学びの共有の発表

成人看護学Ⅱ(3年次)

慢性・長期的な経過をたどる健康問題をもつ成人へ看護を実践するために、慢性疾患とともに生活する対象者を理解し、セルフケア能力を高める看護援助方法について学習します。

成人看護学実習(3年次)

成人期にある対象者を受け持ち、急性疾患や慢性疾患によってもたらされる対象者の様々な健康問題を解決するために必要な看護援助を実践できる能力を養います。また、対象者を全人的に捉えながら、看護過程の展開を通して、対象者の健康の回復、QOLの維持・向上を目指す看護の専門性について考え、自らの看護観を深めます。
学内技術演習
学内技術演習
カンファレンスの様子
カンファレンスの様子
実習終了後の記念撮影(ナイチンゲールホールにて)
実習終了後の記念撮影(ナイチンゲールホールにて)

臨床実践への統合(4年次)

これまで学んできた知識や技術を統合し、成人看護学領域の臨床実践力を養うための自己の課題を明確にします。また、保健医療チームの一員としての役割を踏まえた看護について学びます。
実習に向けた事前学習(呼吸筋トレーニング)

実習に向けた事前学習(呼吸筋トレーニング)

統合実習(4年次)

医療チームの一員として、成人期にある対象を受け持ち、健康問題の優先順位の確定、看護職及び多職種とのチーム連携について経験します。
[左]グループワーク[右]実習での学びの発表

[左]グループワーク[右]実習での学びの発表

卒業研究(4年次)

指導教員のもとで研究を行い、論文を作成します。一連の過程を通し、広い視野を持って問題を捉え、科学的な態度で問題解決に向かう姿勢を養います。
大森祭での卒業研究発表会の様子

大森祭での卒業研究発表会の様子

<2019年度 卒業研究テーマ>
  • 高齢心不全患者の退院指導に関する文献検討
  • 看護学生が実施しているストレスマネジメント行動
  • 看護学生の実習時に出現・悪化した皮膚症状と思い
  • 成人の早食いの認識と食べ方の関係
  • 看護学生の患者との非言語的コミュニケーションに対する実態調査
  • 入院患者が看護師に求める明るさに関する質的研究
  • 高齢心不全患者の再入院の要因と退院指導に関連する文献検討
  • 日本における看護師の喫煙状況に関する文献レビュー研究
  • 危機的状況にある患者を支援する病棟看護師が抱える困難感の要因
  • 自己管理が必要な独居高齢者が退院後に抱く困難
  • 臨地実習における看護学生のストレスに関する文献検討
  • 手術室看護師が陥りやすい困難に焦点を当てた看護研究の動向
  • 2型糖尿病患者の食事療法に対する思いに関する文献検討
  • 学生による臨地実習カンファレンスへの影響要因に関する文献検討
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881