• トップページ  >  
  • 感染制御学研究室 金坂伊須萌助教の投稿論文がEDITOR’S CHOICEに選出されました。

感染制御学研究室 金坂伊須萌助教の投稿論文がEDITOR’S CHOICEに選出されました。

感染制御学研究室 金坂伊須萌助教の投稿論文がEDITOR’S CHOICEに選出されました。

感染制御学研究室 金坂伊須萌助教の投稿論文がEDITOR’S CHOICEに選出

感染制御学研究室 金坂伊須萌助教の論文が、Journal of Medical MicrobiologyのEDITOR’S CHOICEに選出されました。EDITOR’S CHOICEはジャーナルに掲載された論文のうち、エディターが注目すべき価値ある研究内容と評価した論文を、無料で世界中に公開するものです。

Does sub-culturing of positive MRSA blood cultures affect vancomycin MICs?
Izumo Kanesaka, Takamitsu Ito, Ritsuko Shishido, Makoto Nagashima, Akiko Kanayama Katsuse, Hiroshi Takahashi, Shingo Fujisaki, Intetsu Kobayashi

研究内容

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対するバンコマイシン(VCM)の最小発育阻止濃度(MIC)は臨床材料から分離された直後と比較し、継代培養後ではMICが低下することが報告されている。本研究では、血液培養液および継代培養後のMRSAに対するVCMのMICを測定し、継代培養がVCMのMICに与える影響について検討を行った。その結果、継代培養後に測定したVCMのMICは、患者生体内にいる本来のMRSAに対するVCMのMICが反映されていない可能性が示唆された。このことから、VCMを使用したMRSA感染症の抗菌薬治療失敗の一部は、本現象に起因する可能性があると考えられた。