トップページ
いえラボだより
療養環境デザインプログラム

療養環境デザインプログラム

投稿日:2019年01月24日19時00分|投稿者:管理者|カテゴリ:教育プログラム
看護学部3年生最終グループの実習が終了しました。
すべての領域の実習を終了したグループです。

療養環境調査をしながら、病棟で受け持った患者さんの退院後の生活が思い浮かんだでしょうか。

その方の望む生活を「もっと活動してもだいじょうぶですよ~」とお伝えするためには
身体の変化や病態の知識が必要です。

この時期しか実習できない部屋とお風呂場やトイレの温度差と血圧の変化を
調査したグループもいました。

失敗を怖がらずに、いろいろな体験をしてください。
いえラボは、皆さんのチャレンジを応援します!
寒い~冬場のお風呂
血圧の変動は
シーツを外す時
片方の下肢に体重がかかってしまいそう
信号が変わる前に渡りきるには・・・
歩くスピードは?
坂東さんへの提案に
みんなからいろんな意見や感想がありました。
いろいろな見方があって
看護を創造するって楽しいですね!
ページのトップへ

文部科学省支援事業 課題解決型高度医療人材養成プログラム