トップページ
いえラボだより
生活機能アセスメントプログラム二日目

生活機能アセスメントプログラム二日目

投稿日:2018年06月23日19時00分|投稿者:管理者|カテゴリ:教育プログラム
今日は、運動器の講義・演習からスタートです。

運動機能の評価方法をお互いに演習しながら、事例坂東さんをイメージしていきました。

坂東さんの望む生活を送るためのケアを提案。
そのために専門職の視点で、情報収集しアセスメントします。
皆さん、初日の講義を思い出してくださ~い。
どこに問題があるのかという視点も必要です。その視点にプラスして、どのような生活を望んでいるのか、できることやその力をいかすことにも着目します。
看護職は、今後の病態の予測も必要です。

最終日は、地域にでて坂東さんの活動を体験します。
坂東さんは地域の中でどのような生活を送っていたのでしょうか。どのような地域でしょうか。

また2週間後、運営者一同楽しみにお待ちしています!
暑くなってきました。皆さん体調に気をつけてお越しください~
回復の予測を考え、対象者の力をいかした
生活のための支援を考えるために
運動機能の評価を演習
「いつものくせで、できないことばかりに、すぐ目がいってしまいました・・・」
でもその事に気づくってすごいことです!
ページのトップへ

文部科学省支援事業 課題解決型高度医療人材養成プログラム