トップページ
いえラボだより
生活機能アセスメントプログラムスタート!

生活機能アセスメントプログラムスタート!

投稿日:2018年06月09日19時00分|投稿者:管理者|カテゴリ:教育プログラム
看護師と介護職が共に学ぶプログラムがスタートしました。
今年度4回目になりますが、担当者一同ドキドキ・わくわく!
今年の受講生をお迎えしました。

経験年数も所属する療養場所の特徴も様々です。
今年は、薬剤師さんも参加してくださっています。

いえラボに来られた印象はいかがでしょうか。
いえラボの学びの中では、正解はありません。思ったこと、感じたことをどんどん言葉にしてくださいね!

講義の中では、経験や価値観、毎日の業務から陥ってしまう「わな」に皆さん、大きくうなづいていました。「最初は、こうしたいって思っていたけど、毎日やっていると慣れてくるんですね。」
「○○することとか、ケアで大切にしていることをこっそりやってます。そんな攻防を繰り返しています・・・。」
「わかる~」

今日から3日間、坂東邦江さんが病を抱えながら生活していくために、情報収集とアセスメントをていねいに考えていきます。坂東さんの生活を理解し、坂東さんの状態をアセスメントします。

次回は、2週間後。遠くからいらしている方もいます。
気をつけてお越しください。
一同、楽しみにお待ちしています!
大根を取ろうとするとこぼしてしまう坂東さん。

「こぼしてもいいのでは。坂東さんはこだわってはしを使うと思う」
「フォークを使った方がいいのでは・・」
「どちらを使うか坂東さんに選んでもらったら」
グループ毎に発表

いろいろな視点がありました
感覚器の講義後、外へ
内服薬や点眼薬などの見え方を理解するために
ページのトップへ

文部科学省支援事業 課題解決型高度医療人材養成プログラム