トップページ
いえラボだより
タイ・チェンマイ大学の訪問

タイ・チェンマイ大学の訪問

投稿日:2017年07月19日19時00分|投稿者:管理者|カテゴリ:いえラボ
今年も海外協定大学のタイ・チェンマイ大学から、3年生4名、1年生2名、教員の合計7名の方々が
いえラボを訪問してくださいました。

療養環境を整えること、嚥下機能が低下した高齢者の食を支えることについて
体験していただきディスカッションを行いました。
ジュースにとろみをつけたり、看護師が開発した味覚を刺激するスプーンを体験。
食事の支援場面で、姿勢についても考えました。

ベッドから車椅子へ、その人の力を生かした介助者にも負担のない移乗の方法には、びっくり!

道具や機器をご紹介しながら、対象の療養環境を支えるための道具の開発に、看護師が参加するという視点を再認識しました。

今日は暑い中来ていただきありがとうございました!
チェンマイ大学
高齢者の肺炎について考えました
チェンマイ大学
とろみや食事の支援
痛みのない可視化できるアセスメント道具を体験
いえラボはいかがだったでしょうか!
ページのトップへ

文部科学省支援事業 課題解決型高度医療人材養成プログラム