トップページ
いえラボだより
第4回日中韓看護学会で発表しました!

第4回日中韓看護学会で発表しました!

投稿日:2016年11月14日21時00分|投稿者:管理者|カテゴリ:教育プログラム
北京で開催された日中韓看護学会で、昨年度開講した3つの教育プログラムの学びについて発表しました。

いえラボフォーラム以外で、各プログラムの詳細な学びについて、発表するのは初めてです。それも北京での学会。高齢社会については、中国も韓国も同じ問題を抱えています。皆さん熱心に聞いてくださり、多くの方に質問をいただきました。

病院と地域の訪問看護師との連携の方法は?、介護職って家族ではないの?、介護職と看護職の評価ツールの違いは?地域にあるいえラボの実習って?

セッションの後も質問をいただき、意見交換を行うことができました。いえラボプロジェクトに関心を持っていただき、充実した貴重な2日間でした。


日中韓看護学会
発表も無事に終了し笑顔
日中韓看護学会
最初は、包括ケア実感プログラム
いろいろと予測しないことが、それもぎりぎりの時間に発覚し、びっくり!事前に送っているはずの英語のパワーポイントがPCに入っていない・・・

なんとか最初の「包括ケア実感プログラム」の発表がはじまり、徐々に落ち着き、無事に終了しました。

積極的に質問をされる中国や韓国の方々に、圧倒されつつも、学会の場で意見交換を行う楽しさを再確認しました。


日中韓看護学会
生活機能アセスメントプログラムに引継ぎ
日中韓看護学会
発表が終わり座長の先生と記念写真
ページのトップへ

文部科学省支援事業 課題解決型高度医療人材養成プログラム