トップページ
いえラボだより
創造性指導者育成プログラムー考え方をちょっと変えてみると…ー

創造性指導者育成プログラム
ー考え方をちょっと変えてみると…ー

投稿日:2016年09月23日21時00分|投稿者:管理者|カテゴリ:教育プログラム
今年度初めて開講する4つのプログラムのひとつ「創造性指導者育成プログラム」が開講しました。受講生は、急性期病院の看護師たち。

日常的には問題解決型思考の頭で、顕在・潜在的問題を考え看護を実践しています。
一方で、患者さんの今後の生活も見据えなければなりません。
その時は目標志向型思考に切り替えます。
このチャンネルの切り替えをスムーズに行う練習をするのがこのプログラムです。
創造性指導者育成P
弱みも見方を変えると強みになるよ〜!
創造性指導者育成P
その人の「暮らし」を見据えて情報整理
1日目、疾患の特徴や問題はすぐに出てきましたが、事例の板東さん(いえラボの仮想住人)の望む生活のための支援がなかなか定まりません。

そこで2日目は、坂東さんの住んでいる家の設えを写真で見ていただきました。
すると、⚪︎⚪︎病の人から「坂東さんは」という言葉が出てきました。そして、入院前の生活・こだわりなどが推測され…

皆さんとのディスカッションをとおして、目標志向型思考で考えると、対象者にあるべき姿を求めなくなり、支援の糸口が少し見えてくると改めて思いました。

皆さま、2日間お疲れ様でした。
創造性指導者育成P
坂東さんってどんな人?
集合写真
坂東さんの「私もまだできる?」を応援します!
ページのトップへ

文部科学省支援事業 課題解決型高度医療人材養成プログラム