トップページ
いえラボだより
包括ケア実感プログラム最終ラウンド!

包括ケア実感プログラム最終ラウンド!

投稿日:2016年09月05日21時00分|投稿者:管理者|カテゴリ:教育プログラム
包括ケア実感プログラムの最後の実習が始まりました。
このプログラムは急性期病院の看護師が次のケアの場に行き、包括ケアを「実感」することを目的としたプログラムです。
今まで、回復期リハ病棟と訪問看護ステーションでの実習をしてきました。

6月:初台リハビリテーション病院、船橋リハビリテーション病院
7月:大田区蒲田・大森・田園調布医師会立訪問看護ステーション、まちのナースステーション八千代

そして、今日から介護老人福祉施設わかたけ青葉の実習が始まりました。
同時期に学部3年生も実習に来ていますが、実習時間は8〜16時。
看護師たちの卒後実習は15時から翌朝10時。
黄昏時の気持ちが不安定になりやすいとき、そして、職員数が減るとき、「いえ」で暮らす支援はどうなるのかを見ていただきます。
きっと、急性期ではできないことを実施していることに気づかれると思います。
そんなことを知って初めて、「追い出す退院」から「ふさわしい場への退院」支援となるのだと思います。
わかたけ青葉
介護老人福祉施設 わかたけ青葉
わかたけ青葉
利用者さんとすぐに話せるのがなんとも頼もしい
ページのトップへ

文部科学省支援事業 課題解決型高度医療人材養成プログラム