トップページ
活動内容
2016年度
「いえラボ」の地域への開放

「いえラボ」の地域への開放

計画

おもしろ生理学ー香りと記憶ー

今年度も「おもしろ生理学ー香りと記憶ー」のワークショップを開催します。

本学部の美術講師である佐原和人氏を講師にお迎えし、普段意識していない嗅覚を意識し、自分の中にある香りの記憶を探るという大人気の講座です。脳をフル活動させつつ大笑い。そんな楽しいワークショップです。
参加費は無料です。

第1回 
日時:6月30日(木) 14〜16時
場所:いえラボ
対象:どなたでも
定員:12名(先着順)
申し込み・問い合わせ先:東邦大学看護学部GP事業推進室
                 (電話03-3762-9881 代表)

第1回 おもしろ生理学の募集は終了しました。
第2回めの開催については、日程など決まりましたら、お知らせします。
第2回
日時:9月(未定)
場所:いえラボ
対象:どなたでも

受講者の声

「香りについて初めての事でしたので新鮮で楽しめました。香りを言葉にすることのおもしろさと難しさがありました。」
「はじめは緊張しましたが、グループに分かれての話し合いになるとすぐに慣れて親しくなれました。新しい人との交流方法としての参考にもなると思いました。 」

自習室としてのいえラボ

いえラボには「からだ」「生活」「老い」などに関する本やビデオがあります。一般の方々にもぜひ、ご活用いただきたいと思います。プログラムを開講していないときのいえラボは自習室となります。どなたでもどうぞ遠慮なくお立ち寄りください。
自習室としての開放日は「いえラボの予定」をご覧ください。

実施したこと、学んだこと

おもしろ生理学ー香りと記憶ーの開催

第1回
日時:6月30日(木)14:00~16:00
場所:いえラボ
参加者:地域の方8名、東調布中学校2年生3名、東邦大学職員1名  計12名

参加者の募集は、今年度6月から参加させていただいているシニアステーション東嶺町、おおた生涯現役応援サイト、本事業のウェブサイト上で行った。ほぼ全員がいえラボに来るのは初めての方だったため、本事業の周知を行うことができた。また、参加された方から、からだについての興味や不安なことなど情報を得たため、学習教材の書籍や映像の選定の参考になった。参加後のアンケートでは、「とても楽しく学ぶことができて感謝です」「嗅覚を意識した」「嗅覚のしくみがわかった」など、からだについて意識する機会となった。開催日は、中学生の職場体験の日であったため、多世代の交流の場となった。多世代の交流には、きっかけづくりや場所、多世代の方々を知ることや世代間をつなぐ役割が必要だと考えられた。
ページのトップへ

文部科学省支援事業 課題解決型高度医療人材養成プログラム