トップページ
活動内容
2014年度
2014年度(1)「いえラボ」を作り、整える
学びの家「いえラボ」こだわりの設え

学びの家「いえラボ」こだわりの設え

「いえラボ」の間取り図と設え

夫と死別した仮想住人、坂東邦恵さんは「住み慣れたこの街で、この家で、できるだけ暮らし続けたい」と考えています(住人ストーリー参照)。
坂東さんは短大英文科を卒業して出版社勤務。さまざまな分野の方と交流があり、自ずと情報キャッチのアンテナも高くなった。そのような習慣は定年退職後の生活にも影響を与えているだろう。そんなことをイメージしながら少しずつ整えています。
「いえラボ」こだわりの設えについて
ページのトップへ

文部科学省支援事業 課題解決型高度医療人材養成プログラム