CONNECTさん主催の“親子で災害クッキング”をいえラボから配信しました!

初めての試み!です。

いえラボの台所を活用していただきました。
地域福祉コーディネーターの方にご紹介いただきましたNPO法人CONNECTさんが主催される
“親子で災害クッキング”今回はオンラインのみの開催でした。

講師は、危機管理研究所認定防災クッキングアドバイザーの鈴木佳世子先生。
湯煎で、ごはん、焼きそば、サバ缶カレー、プリンができるなんて!驚きでした。
それもおいしい~

災害食というと、普段の味と違うイメージですが、非常時だからこそ、いつもの食材で備える。
ほんとにそうですね。

いえラボは、学生さんが実習で使用するため、帰宅できない場合に備えて準備しています。
その中に今回の湯せんできるポリ袋も準備したいと思いました。
不安な時に、みんなでクッキングして暖かいものを食べることができたら、少し落ち着けそうです。

コネクトさん、鈴木先生、今回このような企画に活用していただきありがとうございました。

  • お話ししながら、クッキング
    短時間で、3品。デザートまで!

  • ‐サバ缶カレー‐
    ポリ袋に材料を入れて20分湯せん。
    カレールーが混ざるようにタオルで包んで混ぜます

  • ピンクのTシャツがコネクトさん
    水がなくても使えるコネクトトイレも販売されています。

種類:いえラボだより

トップページに戻る

Top