大学院

メニュー

教育の3方針

アドミッション・ポリシー

博士前期課程

  1. 本学および本研究科の教育理念・教育目標を充分理解している人
  2. 研究に必要な論理的思考と表現力を有している人
  3. 研究に必要な英語の能力を有している人
  4. 高い倫理観・責任感をもち、誠実に行動できる人

博士後期課程

  1. 本学および本研究科の教育理念・教育目標を充分理解している人
  2. 科学的エビデンスに基づく研究能力を有している人
  3. 新しい教育・研究方法を開発できる能力を有している人

カリキュラム・ポリシー

博士前期課程

 ディプロマ・ポリシーを踏まえ、専門科目に加えて全員が修得すべき内容を共通必修科目として、また、医療・看護・福祉の知識を融合するための科目を共通科目として、以下のようなカリキュラムを体系的に編成します。
  1. 医療・看護・福祉の知識を融合するために「看護理論」「看護倫理」「医療言語論」「疾病学特論」「看護政策特論」などの共通科目を配置する。
  2. 各専門科目の特論と演習をとおして、専門知識・技術を学ぶ。また、科学的エビデンスに基づく研究を実施するために「看護研究法」を学んだうえで「看護学特別研究」をとおして研究能力を養う。
  3. 高度実践看護師教育課程(CNS コース)では、卓越した専門職業人を目指し、高度な専門性のある看護実践者を育成する科目を配置する。
  4. 実践助産学課程では、母子および家族を対象とする問題解決能力、助産実践能力を身につける科目を配置する。
  5. 高度実践公衆衛生看護学課程では、情報を収集・分析し健康課題を抽出できる研究力、健康課題に対応できる実践力、住民や多職種と協働できる地域マネジメント力を身に付け、事業化・施策化できる保健師の育成を目指した科目を配置する。

博士後期課程

ディプロマ・ポリシーを踏まえ、専門科目に加えて全員が修得すべき内容を共通必修科目として、また、広い視野に立った豊かな学識を深めるための科目を支持科目として、以下のようなカリキュラムを体系的に編成する。
  1. 広い視野に立った豊かな学識を深めるために「医療言語論特講」「疾病論特講」の支持科目を配置する。
  2. 新しい教育・研究方法を開発する能力を高めるために、各専門分野において特講と演習および「看護学研究法特講」「看護学特別研究」を配置する。

ディプロマ・ポリシー

博士前期課程

所定の課程を修了することに加え、以下の要件を満たすものに修士(看護学)の学位を授与します。
  1. 各専門分野における高度な実践力を身につけている
  2. 科学的エビデンスに基づく研究能力を身につけている

博士後期課程

所定の課程を修了することに加え、以下の要件を満たすものに博士(看護学)の学位を授与し ます。
  1. 学際的かつ科学的な新しい教育・研究方法を開発する高い能力をもっている
  2. 社会の健康の向上に資する自立した研究者・教育者である