学位論文審査について

学位論文審査について

東邦大学大学院看護学研究科における論文審査については、本研究科のディプロマ・ポリシーに基づき、以下の基準により評価する。

博士前期課程 学位論文審査基準
1. 研究の目的、背景が明確に記述されている
2. 研究内容に当該分野における意義を有する
3. 独創性が認められる
4. 研究計画・方法(調査方法・分析方法・提示方法)が適切である
5. 研究計画、方法の妥当性およびデータの正確性が担保されている
6. 科学的根拠に基づき結果が導かれている
7. 研究方法、対象の選定、記述に倫理的配慮が十分行われている
8. 研究公正の観点から問題がない
9. 研究方法に基づき分析したデータを適切に記述している
10. 適切に文献が引用されている
11. 論旨の明確性と一貫性がある
12. 論文の形式・体裁が整っている

博士前期課程 課題研究審査基準
1. 研究の目的、背景が明確に記述されている
2. 研究内容に当該分野における意義を有する
3. 専門看護分野の実践の場において、有用性が認められる
4. 研究計画・方法(調査方法・分析方法・提示方法)が適切である
5. 研究計画、方法の妥当性およびデータの正確性が担保されている
6. 科学的根拠に基づき結果が導かれている
7. 研究方法、対象の選定、記述に倫理的配慮が十分行われている
8. 研究公正の観点から問題がない
9. 適切に文献が引用されている
10. 論旨の明確性と一貫性がある
11. 論文の形式・体裁が整っている


博士後期課程 学位論文審査基準
1. 研究の目的、背景が明確に記述されている
2. 研究内容に当該分野における意義を有する
3. 学問の発展や社会に貢献することが期待できる
4. 独創性・新規性が認められる
5. 研究計画・方法(調査方法・分析方法・提示方法)が適切である
6. 研究計画、方法の妥当性およびデータの正確性が担保されている
7. 科学的根拠に基づき結果が導かれている
8. 研究方法、対象の選定、記述に倫理的配慮が十分行われている
9. 研究公正の観点から問題がない
10. 研究方法に基づき分析したデータを適切に記述している
11. 適切に文献が引用されている
12. 論旨の明確性と一貫性がある
13. 論文の形式・体裁が整っている