大学院

メニュー

2023年度大学院入試(博士前期課程、博士後期課程)  外部英語検定試験の利用について

2023年度(2022年度実施)の大学院(博士前期課程、博士後期課程)の入学試験より、英語能力評価を当日の英語筆記試験にかえて、外部の英語検定・資格試験を利用します。出願時に英語資格・検定試験のスコア等の証明書原本を提出していただきます。

利用できる英語資格・検定試験の種類は1つのみとします。また、実用英語技能検定(英検・英検S-CBT)については、合格・不合格にかかわらず、スコアで判定します。
  • 証明書は、原本のみ有効です。提出いただいた証明書原本は返却いたします。
  • スコア等の証明書発行には日数がかかります。早目に受験して、証明書を取得してください。
  • 証明書の取得期限はありません。

対象となる英語資格・検定試験

①TOEIC® Listening & Reading TEST
  • 本学の学部生・卒業生のみ、本学実施のTOEIC® Listening & Reading IPテストのスコアレポートを利用することができます。
②実用英語技能検定(英検・英検S-CBT)
③TOEFL iBT
④IELTS
⑤ケンブリッジ英語検定

なお、東邦大学関連施設就業者で博士前期課程を受験する方は、外部英語検定試験の結果に換えて、看護企画室の「英文読解」研修の修了証明書(写し)を提出することができます。