看護学部

メニュー

地域共創実践研究センター

地域共創実践研究センターの概要

  1. 地域共創実践研究センター設立趣旨
  2. 地域共創実践研究センター(略称「共創センター」)は大田区における地域活動団体、商店街、公共団体また医療・保健・福祉専門職団体等との共創により『インクルーシブ(包みこむ)で楽しく暮らすまちづくり』を進めます。

    (1)地域の諸団体と共に地域で求められる健康支援活動
    (2)まちづくりネットワークの拡大
    (3)地域での健康支援活動への学生の参画

運営体制

1.看護学部長挨拶


 近年、大学は地域社会で活躍する人材を育成するのみならず、地域社会を支える基盤としても重要な機能を持つ存在であることが期待されています。大学は地域社会を構成する一員として、地域が大学に何を求めているのか、大学は地域にどのような貢献ができるのかを、改めて考えることが必要です。
 看護学部はこれまでも公開講座等を通して、地域への情報発信や地域コミュニティとの連携強化を推進してきましたが、これからは身近な地域で、共にまちづくりを担っていきたいと考え、地域共創実践研究センターを立ち上げました。
 地域の中の大学として,皆様と地域でつながり、皆様とともに考え活動することは、学生にも教員にも学びの機会となり、病院と地域をシームレスにつなぐ看護学の発展にも寄与するものです。
 誰しもが住み続けたいまちを共に創っていきましょう。

2.共創センター長挨拶

 これからは人生100年時代と言われます。誰しもが健康で自分の望む人生を全うしたいと願います。そんな生活が送れるまちづくりを東邦看護学部も町会の一員として、地域の方々とともに行っていきたいと思ったのが、この「地域共創実践研究センター」発足のきっかけでした。
 「共創」に大きな意味があると考えます。この地で生活を築き、まちづくりに取り組んでこられた地域活動団体、商店街や地域の方々の知恵と力に学び、保健・医療の充実を目指す看護学部は、ともにまちづくりを担っていきたいと考えます。その活動を通して、看護の未来を担う学生を地域の中で育てて頂けることを心より願っています。

3.センター員

センター長:
藤原 和美 (東邦大学看護学部・在宅看護学研究室・教授)

副センター長:
望月 由紀子(東邦大学看護学部・公衆衛生看護学研究室・准教授)

センター員:
横井 郁子 (東邦大学看護学部・高齢者看護学研究室・教授)
岸  恵美子(東邦大学看護学部・公衆衛生看護学研究室・教授・看護学部長)
坂本 美佐子(東邦大学看護学部・公衆衛生看護学研究室・講師)
平山 訓子 (東邦大学看護学部・在宅看護学研究室・助教)
並木 隆明 (梅屋敷梅交会協同組合 副理事長)
田尻 久美子(大田区支援ネットワーク 代表理事)
鈴木 健介 (株式会社カラーズ 福祉用具専門相談員)

キックオフ

2023年3月15日(水)に看護学部でキックオフミーティングを行いました。
安心して楽しく暮らせるまちづくりを住民さんとともに、ゆるやかに、楽しく交流しながら、地域のいいとこ探しを一緒にしていけるよう、メンバー同士が顔を併せてそれぞれの想いを語り合いました。
株式会社カラーズ×商店街×東邦大学看護学部の地域づくりの始動が、カラーズレター(4月号)にも掲載されました!

年間活動計画

共創センターは、お気軽カフェを始めました。年間活動計画予定は下記となっています。

  • 2023年度:年間計画予定
      4月:第1回お気軽カフェ
      6月:第2回お気軽カフェ
      7月:第3回お気軽カフェ
    10月:第4回お気軽カフェ

    *楽しい企画が盛り沢山です。今後詳細が決まりましたら、大学HP等でお知らせします。
    *是非遊びに来てください!

地域との健康づくり活動

お気軽カフェでは、住民さんと楽しく交流をしながら安心で快適な暮らしの実現に役立つ情報提供や交流等を行います。地域の皆様にお気軽カフェを知っていただき、是非ご参加ください。

第4回お気軽カフェ
テーマ:健康測定・健康相談
    これまでの開催報告の上映や、健康測定を実施します
日 時:2023年10月15日(日)11:30~14:00
場 所:東邦大学看護学部 10講義室
企 画:共創センター
7・8月の夏休み期間中の木・金・土(カレンダーのスケジュール)に、地域の子供から高齢者の誰もが気軽に立ち寄り、思い思い過ごせる居場所を開催しています。
大森鶴渡町会様に多大なご協力をいただき、会場をお借りしています。
開催中は予約なしでどなたでもご利用いただけます!
第3回お気軽カフェ
テーマ:お家でできる転倒予防について
    (保健師学生と教員から転ばないための予防教室を開催します!)
日 時:2023年7月25日(火)14:00~15:30
場 所:大森鶴渡町会会館
企 画:公衆衛生看護学研究室(教員)、大学院保健師コース(学生)
第2回お気軽カフェ
テーマ:「地域がつながるカード」で遊んで、わたしたちもつながろう
日 時:6月29日(木)14:00〜15:30
場 所:大森鶴渡長会会館
企 画:東邦大学看護学部高齢者看護学研究室
第1回お気軽カフェ
テーマ:災害時にも役立つ介護予防体操
    (階段昇降と床からの立ち上がり、食べる力につながる舌の力)
日 時:2023年4月25日(火)14:00~15:30
場 所:大森鶴渡町会会館
講 師:荻野修一郎(作業療法士)藤原和美教授(在宅看護学研究室)

地域との健康づくり活動 開催報告

2023年11月25日(土)13時から、楽しく暮らせるまちづくり このまちの「いいとこ探し」ワークショップを行いました。開催報告をまとめましたので、ご覧ください。

2023年10月15日(日)11:30から、第4回お気軽カフェを行いました。開催報告をまとめましたので、ご覧ください。

2023年8月19日(土)に大森鶴渡町会、大森第三小学校PTA役員、あひる薬局、株式会社カラーズから協力を得ながら、長期休暇中の夏のいばしょをつくりを行いました。開催報告をまとめましたので、ご覧ください。
学生もボランティアに参画しました!

2023年7月25日(火)14時から、第3回お気軽カフェを行いました。開催報告をまとめましたので、ご覧ください。

2023年7月22日(土)に大森鶴渡町会、大森第三小学校PTA役員、あひる薬局、株式会社カラーズから協力を得ながら、長期休暇中の夏のいばしょをつくりを行いました。開催報告をまとめましたので、ご覧ください。
学生もボランティアに参画しました!

2023年6月29日(木)14時から、第2回お気軽カフェを行いました。開催報告をまとめましたので、ご覧ください。

2023年4月25日(火)14時から、第1回お気軽カフェを行いました。開催報告をまとめましたので、ご覧ください。
第1回お気軽カフェ 開催報告

お問い合わせ先

〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20
東邦大学看護学部内
地域共創実践研究センター事務局
TEL:03-3762-9881(代表)
お問い合わせ先

東邦大学 看護学部

〒143-0015
東京都大田区大森西 4-16-20
TEL:03-3762-9881